UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

淵野辺『中村麺三郎商店』で限定ラーメンとか?@燻し鴨肉の醤油らぁ麺(鴨肉3枚入り)

calendar

『中村麺三郎商店』@淵野辺

神奈川県相模原市中央区 淵野辺4-37-23

営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00

定休日 水曜日(火曜日は昼営業のみ)

『中村麺三郎商店』Googleマップで表示

いつも気になる『中村麺三郎商店』の限定ラーメン!

今年も”つけ麺”シーズンの到来と言う事で、『中村麺三郎商店』の『鶏豚白湯つけ麺』を食べに行こうと思っていたのですが、あえて言おう!

「燻し鴨肉の醤油らぁ麺だ……と?」

確かに『鶏豚白湯つけ麺』も魅力的ですが、より限定と言うか今食べないと後で食べられないのは、『燻し鴨肉の醤油らぁ麺(鴨肉3枚入り)』かなと思ってみた次第です。

ちなみに土日は並ぶ事も多々あるので、筆者はシャッター攻めが基本で御座います。

『燻し鴨肉の醤油らぁ麺(鴨肉3枚入り)』(950円)

はい、と言う訳で”限定Bボタン””大盛り”(100円)を押した結果、コチラのラーメンとなります。

端正なビジュアルと共に鴨肉の存在感、綺麗なスープが期待させますね!

今回は鴨肉を燻してあるとの事でして、実際にスープの香りに混ざって燻製(桜チップ?)と思われる良い香りがします。

『中村麺三郎商店』得意の清湯スープは比較的あっさりしていますが、ちゃんとボディーを感じる丁寧なスープですね。

大きく煮立たせる事なく、じっくりと旨味を抽出し、同時にスープ側の余分な脂は取り除いていると思われ、ゆえに生姜やニンニクなどの香りで誤魔化す事なく、素材の風味が生かされている美味しいスープに仕上がっています。

この鴨チャーシューを使ったラーメンは、過去に催事で『地球の中華そば』とコラボしているので、そこら辺の進化形かなと思った次第です。

そして!

さりげなく今回は麺の小麦粉を変えて来ていると思われ、全粒粉の粒々も見当たらない感じでしょうか?

よりスープの方に合わせて来た仕上がりでして、カンスイも控え目なのか味としてはラーメンの麺よりも”うどん”とか”そうめん”みたいな方向性を感じます。

個人的な感想ですが『飯田商店』の麺が一瞬、蘇りましたね。

基本、『中村麺三郎商店』のラーメンはどれも美味しいし、特に麺もイケてるのでココは迷わず大盛り一択だと思います。

スープ自体も脂は控え目、ある意味”端正な和風味”なので中華料理ベースのラーメンと言うよりは、完全に日本オリジナルのラーメンって印象です。

特筆すべきは燻した鴨肉の美味しさでしょうか?

ぶっちゃけ鴨肉の燻製をチャーシューで出す限定ラーメンは数多くありますが、本当に鴨肉を燻してくる店は意外と少ないんですよね~

業務用の”鴨肉の燻製”みたいのを、しれっと乗せて来るのがむしろ普通なので、ちゃんと燻された鴨肉のチャーシューは高評価で御座います。

ご馳走様でした!

『燻し鴨肉の醤油らぁ麺(鴨肉3枚入り)』 総評

やはり白湯系のラーメン&つけ麺が人気だとは思うのですが、時には『中村麺三郎商店』の塩や醤油も食べてみて欲しいと思います。

今回も昨今の”意識高い醤油ラーメン”の流れではありますが、そこまで醤油も尖った使い方ではなく、生醤油感と醤油の丸みをイイ感じにバランスさせたり、麺の方を変えて来たりと、実に細かい所まで作り込まれている一杯かなと。

まあ、そこまで深く考えなくても、普通に食べても美味しいと感じられるラーメンですでの、是非みなさんも『中村麺三郎商店』に訪れてみて下さい。

ちなみに駅からも歩いて五分、駐車場も4台分確保、近隣にもコインパーキングが多くあるので、淵野辺ながらもアクセスが良い点はアピールしておきたいと思います。