UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

秋葉原『仮面女子』最強の地下アイドルってどんな感じ?@パセラリゾーツ7F『P.A.R.M.S』

calendar

reload

秋葉原『仮面女子』最強の地下アイドルってどんな感じ?@パセラリゾーツ7F『P.A.R.M.S』

『P.A.R.M.S』@仮面女子常設劇場

東京都千代田区 外神田1-1-10 パセラリゾーツ7F

公演に関する問い合わせ(電話番号)03-3505-8066

アリスプロジェクト公式サイト

http://www.alice-project.biz/

それとなく『P.A.R.M.S』に進出してみた

まさに今更感があるのは否めないのですが、基本はアウェーのライブしか観に行かないのですが、ここ最近は再び秋葉原周辺の仕事が活性化して来たので、なんとなく”アリスプロジェクト仮面女子CAFE”となる『P.A.R.M.S』にお邪魔してみました。

と、言う訳で需要(反響)があれば今後もチョイチョイ書いてみるのも、有りじゃないでしょうか?

って感じで”仮面女子候補生””スライムガールズ”など、如何でしょうか?

ちょいと前に組閣が発表されスラガから昇格するメンバーもいるので、まさに青田買いのチャンスで御座います。

仮面女子候補生から仮面女子への昇格と言うか組閣発表は、良く知りませんけど多分に夏とかそんくらいですかね?(すっとぼけ)

アリスプロジェクトはユニットが盛り沢山な件

基本は仮面を被ってなんぼの仮面女子ですが、それ以外にも多数のユニットがあります。

”チェリーブロッサム”とか。

”プリズム”とか。

他にも多数あるのですが、多過ぎて紹介出来ないので詳しい事はアリスプロジェクトの公式サイトを調べる方向でお願いします。

スチームガールズ

ここ最近、テレビなどのメディア出演が一番多い気がするユニットでして、そう言った意味ではメジャーかなと。

雑誌などでもちょいちょい出ているので、ここら辺から一般世間の人達も興味が沸き始める感じでしょうか?

しいて言うなら、”神谷えりな”さんのレギュラー番組は『SBSテレビ』(静岡放送)なので東京では観られない可能性……有ると思います。

ですので、この場を借りて「ケーブルテレビで地方TV観れる様にして欲しい」と言う要望を『J:COM』辺りに出しておきます。絶対、地方TVを観たい人多いと思うので難しくはないと思うんですよね。

(ここまでスチームガールズに関する説明なし)

アリス十番

仮面女子候補生の”OZ””スチームガールズ””アリス十番”と言う事で、いわば仮面女子の頂点、最終形態、アリスプロジェクトの核となるのが”アリス十番”となります。

出世魚制度ですので、ユニットメンバーはベテラン勢で固められ、パフォーマンスと共にトークのキレ、毒っぷりにも定評があります。

ゆえにファン層の方もガチ勢が多く、やはりアリスプロジェクトでは一番人気のユニットでしょうか?

アーマーガールズ

仮面女子候補生の”ぱー研”から昇格すると、こちらの”アーマーガールズ”となります。

仮面女子の中でも一番ヤンチャな、もとい勢いのあるユニットでして良くも悪くも仮面女子らしい感じでしょうか?

ゆえにユニットをまとめるのは至難の業と言うか、あるとすれば”スタンドプレーから生じるチームワークだけ”である可能性……あると思います。

私事で恐縮ですが、カメラのオートフォーカスが肩のアーマーに全部持って行かれるので、微妙に撮影が難しいユニットである可能性も報告しておきましょう!

パフォーマンスは流石に最強の地下アイドルである!

基本、メンバーが別仕事で抜けたりする事も多々あるので、その度に立ち位置とかの調整が入り非常に苦労が多いと思われ、なんだかんだと365日、日々の公演をこなしている仮面女子はリスペクトで御座います。

逆に言えば、毎日の様にステージがある事で鍛えられた強さでして、テレビの仕事を中心に活動しているアイドルでは、ここまでのパフォーマンスを魅せる事は難しいでしょうか?

と、言う事で考えてみても『P.A.R.M.S』で行われているステージは必見でして、もう少し一般世間から注目されても良いかなと考えている筆者です。

ここら辺は人気が出過ぎてチケット取れないパターンとか、それはそれで寂しい部分もありますが、そこら辺はユニットを増やして対応したりする事も出来ると思うので、どんどん売り込んで行く方向で良いと思います。

まあ、確かに売れすぎたら”地下アイドル”ではないかもですが、地下アイドル感を失わない範囲でメチャメチャ売れて欲しいかなと。

ちなみに『P.A.R.M.S』は最新のステージ機器と音源を揃えていつつ、カメラから動画配信設備まで備えていて、そこら辺も迫力あるステージを構成する要素のひとつになっています。

本当はそれぞれのメンバーをイジっておきたいのですが、記事としての尺もあるのでそこら辺は別の機会に……。

ちなみに、このくらいの人数になるとメンバー全員を捕らえるのは困難でして、カメラ位置と立ち位置で明暗が分かれる可能性は否めません。

本当は他にも写真が多数あるのですが、これまた尺の関係で別の機会に回す事にします。

と、言う訳で非常に魅力的な”仮面女子”でして、構成メンバーに関しても個性的な、いや個性的過ぎる面々が揃っているので、そこら辺は今後”個別に調査”する必要があるかなと考えています。

もしろ、人数多過ぎて個別に書かないと駄目だと思うんですよね。(個人的に)

どこら辺まで書けるかは謎ですが、そこら辺はイイ感じの記事にしたいので、現在もアリスプロジェクト様と交渉中で御座います。

良くも悪くも個性派揃いの仮面女子ですので、どこまで深く書けるかがポイントとなるでしょうか?

2017年の夏も仮面女子が熱い!

まあ、まだ梅雨真っ盛りなんですけど、なんとなくキャッチーにまとめてみました。

仮面女子も成熟期を迎え、今年の組閣で仮面女子候補生から上がって来たメンバーとの融合を考えると、2017年は何かしらブレイクする予感で御座います。

それがどの様な形になるかは謎ですが、今年は何かしらの転換期的なモノが予想されるので、筆者もちょいちょいチェックしてみようと思います。