UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

相模原『トロトロ屋』戦いは数だと教わった筆者に”意識高い系角煮丼”が来襲

calendar

reload

相模原『トロトロ屋』戦いは数だと教わった筆者に”意識高い系角煮丼”が来襲

『トロトロ屋』

神奈川県相模原市中央区横山4-24-12

営業時間 11:30~14:00 18:00~22:00

不定休

電話番号 042-815-0253

『トロトロ屋』Googleマップで表示

”意識高い系角煮丼”の店?『トロトロ屋』

割と相模原にオープンする新店には食いつきの良い筆者ですので、この『トロトロ屋』もオープンして間もなく食べに行って参りました。

まあ、前はラーメン屋さんだったと思うのですが、ほぼほぼ内装は一新していて、完全にラーメンは関係無い状態になっていました。

若干、駅からは遠いので立地的には微妙ですが、横山って時点でお察しなので、どうにかこうにか行ってみる方向でお願いします。

『トロトロ角煮丼』(790円)

はい、と言う訳で角煮丼です。御飯大盛りは無料なので大盛りにしてみました。

ん~……なんでしょう?

角煮と言えば醤油味なイメージですが、そこら辺をほぼ塩味で仕上げるとか凝っていると思うし、確かにトロトロなのですが、あえて言おう!

「肉、少ねぇ!!!」

御飯を大盛りにしたからだとか、そんなチャチなもんじゃねぇ、もっと根本的なモノの片鱗を味わったぜ!って言いたく肉量は賛否が分かれると思います。

第一印象がとにかく「肉、少ねぇ!!!」(2切れのみ?)なので、そこからの巻き返しが非常に難しい予感です……。

っていうか、たった2切れの角煮で”6パターンの食べ方”とか、アレンジする余裕はあるのでしょうか?

そこら辺、本当に本当に問い詰めたい、小一時間と言わず(略

「いや、だったら肉増ししろよ!」

って意見もあるかもですが、肉増しは”プラス500円”ですので、ちょっと増したいとか半端な気持ちでコール出来る金額じゃない予感です。

ってか、500円もプラスしたら別商品だろって説も濃厚で御座います。

なんか横浜の『豊野丼』をリスペクトしているらしいのですが、だったら御飯の美味しさも大事ですが、やはり具の方もガッツリ来てないとって思った筆者です。

現時点では『豊野丼』の何を見習ったのか、小一時間コースです。

もっとも国産の豚バラ肉も安くはないので、この値段でこの肉量が特別に高いって訳ではないのですが、あえて言おう!

「ラーメン二郎で肉マシした方がリターン大きい説濃厚!」

特別上品な角煮を求めているユーザー層なら納得価格ですが、戦いは数だよと教わって来た筆者には、ちょっとコンセプトが見えないですね。

確かに味に関しては申し分ないのですが、丼をガッツリ頂こうと思って訪れた時と現実のギャップに”切なさと愛しさと心強さ”がリフレインです。

しかし、この課題に関しては人的な要素よりも、ひとえに”豚バラ肉のコスト”の問題だと思うので、そこを突くのも可愛そうな気がしますが、初めから高い材料を使ったらこうなる事は目に見えているので、戦略的に見誤ったのではないかと思います。

あとビールの品揃えなどは逆に凄いと思うのですが、どっちがメインやねんって言う事を(略

まあ、外野である筆者が人の店の方針にケチを付けるのもアレですが、多分に相模原市民が欲しているのは『ラーメン二郎』の豚感(ボリューム)だと思います。以上です。失礼しました。