UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

八王子『野猿二郎』その旨さ、圧倒的じゃないか!@『ラーメン二郎八王子野猿街道店2』

calendar

reload

八王子『野猿二郎』その旨さ、圧倒的じゃないか!@『ラーメン二郎八王子野猿街道店2』

『ラーメン二郎八王子野猿街道店2』(野猿二郎)

東京都八王子市 堀之内2-13-16

営業時間 11:00~14:30 17:00~22:30

土曜日 11:00~15:00 16:30~22:30

日曜日 11:00~17:00(いずれの日も麺切れ次第終了)

定休日 月曜日

『野猿二郎』Googleマップで表示

『ラーメン二郎』の超優等生『野猿二郎』ってどうよ?

まず、『ラーメン二郎』について語る所からスタートすると、24時間くらい必要になるので却下しますが、とりあえず数ある『ラーメン二郎』の中でも”ボリューム、味、接客”の三拍子が揃った超優良店が『ラーメン二郎八王子野猿街道店2』、略して『野猿二郎』で御座います。

まあ、そもそもが『ラーメン二郎』に”接客”を求める必要は無いって可能性もありますが、接客がギスギスしているよりも、マイルドな『野猿二郎』は”二郎初心者”にも優しいので、やはり『野猿二郎』の特筆すべき優位点だと筆者は思います。

並び方とかは掲示してあるので、そこら辺を適当に読んでおいて下さい。

ま、そもそも筆者は語るほどに『ラーメン二郎』に行かないし、バイクで行けば30分もかからない『野猿二郎』があるので、ぶっちゃけ

「他は本店以外、行かなくても良いんじゃないか?」

って可能性は否めません。そのくらい『野猿二郎』はボリュームと味に定評があるのです。

また、結構”限定”のラーメンとかトッピングをブッ込んで来るので、そう言った意味でも目が離せない存在です。

あと、とりあえず大事な事なので書いておきますが、『野猿二郎』には駐車場がありますが”駐車場の空き待ち”は近隣の住人に迷惑になるので禁止です。

なお、バイクの駐輪場も裏になってた点も付け加えておきましょう。

ここで業務連絡です。「モヤシさんへ シャッターは必ず閉めてください」以上です。

『小ブタ』(880円)

『小ブタ』とは、いわゆる世間一般で言う所の”チャーシュー麺”であると、わざわざ説明する必要は無いと思いますが、芸風ですので言っておきましょう。

あえて言おう!

「二郎にチャーシュー麺は無い!」

ちなみ『小ブタ』は日本の平均的なチャーシュー麺2杯分くらいでしょうか?

何を言っているのか分からない人は分からなくても結構ですが、分からない人は『プチ二郎』(680円)以外はオーダーしないで下さい、OK?

そもそもが、この『ラーメン二郎』と言う食べ物はボリュームに関して特化していて、『小ラーメン』が全然スモールでは無いので御了承下さい。

ちなみに今回、コールは”ニンニク”のみでして、まあ筆者レベルの初心者はこの位が妥当ではないでしょうか?

『小ラーメン』だったら野菜もイケるかなと思うのですが、なにせ相手は『野猿二郎』ですから、ブタの量も半端ねぇので用心した方が良いと思います。

本日は「ブタ、食べたい感がMAX」になった為に訪れたのですが、どうでしょう?

この圧倒的”ブタ感”は?

これぞ、まさに『野猿二郎』って感じでして、普段は『小ラーメン』しか食べない筆者も、ブタに走らざるを得ない衝動で御座います。

ちなみに『野猿二郎』で覚えておくべき”生き残る為のルール”ですが、とりあえず”盛りヤベェ&ヤサイヤベェ&塩っぱさヤベェ”の三大ヤベェは最低限知らないとクソヤベェ地獄に堕ちるので、要注意でしょうか?

ヤサイのコール無しでコレですからね……なので、『野猿二郎』では他のトッピングをエンジョイする為に、”ヤサイ少な目コール”も珍しくありません。

とりあえずでコールも「ニンニク、ヤサイ、カラメ」とか条件反射すると地獄に堕ちるので、ここが『野猿二郎』と言う戦場である事を忘れないで頂きたいですね。

気になる”味”の方ですが、これは筆者も流石の『野猿二郎』と言わざるを得ないし、あえて言おう!

「ラーメン二郎で美味しいだ……と?」

まず『ラーメン二郎』で味を語るのはナンセンスですし、乳化だの非乳化だので騒ぐのもダセェので、細かい表現は全て却下しますが、とにかく美味しいと感じさせる何かがあります。

一言で言えばブタと麺の旨さが際だってるでしょうか? デフォでカラメのスープも完飲しない前提で考えればバランスしてると思います。

ぶっちゃけ『ラーメン二郎』と言うブランドに関しては、まるで興味がない筆者ですが、この『野猿二郎』だけは認めざるを得ないですね。

あと筆者は『ラーメン二郎』のスープを吸った麺が好きなので、あえて”天地返し”はしません。
そもそも、天地返ししないと麺が麺が言う人は、どんだけ時間をかけて食べてるのかと問いたいですね。いかに低加水の『ラーメン二郎』と言えども、そこまでマッハで麺は伸びないと思います。

むしろ、後半のモヤシはノイズになるので、筆者的には最初にモヤシとブタで攻め込むスタイルです。
一見、地味なスタイルですが、時にはヤサイってかモヤシからやっつけないと何も出来ないパターンもあるので、あらゆる戦局で使える基本の戦術だと思っています。

ここら辺、トッピングのコールだけでは無く、食べ方のスタイルも人それぞれに好みを追求出来るのは、ある意味『ラーメン二郎』の懐の深さではないでしょうか?

ちなみに筆者、決して小食ではありませんが、恐らく『野猿二郎』の『大ブタ』(980円)は手こずると思うので自主規制したいと思います。