UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

横浜『豊野丼』関東で一番美味しい天丼の店でランチしてみた

calendar

reload

横浜『豊野丼』関東で一番美味しい天丼の店でランチしてみた

『豊野丼』

神奈川県横浜市 南区真金町2-18

営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00

定休日 日曜日

『豊野丼』Googleマップで表示

横浜でナンバーワンの天丼と言えば『豊野丼』である!

”クレイジーケンバンド”のギターリスト、”小野瀬雅生”氏の言葉を借りれば

「天丼界の東の横綱」

と呼ばれる『豊野丼』でして、筆者も何度か『豊野丼』で見かけた事があったりなかったりします。

小野瀬氏は自身のブログでも綴っていますが、かなりの食いしん坊、もとい食通でして日本中の店を巡っていて、特に”天丼”に関しては並々ならぬコダワリがあり、その小野瀬氏が絶賛する『豊野丼』は、気になる存在ではないでしょうか?

『天丼』(800円)

ベーシックスタンダードとなる『天丼』は”海老2本、野菜4品”の構成でして、一番シンプルな丼となります。

とは言え、同価格帯には『海鮮丼』があるので、個人的には初見であれば『海鮮丼』から食べるのが正解かなと思います。

ちなみに『豊野丼』では、激しく「味噌汁」を勧められますが、とにかくボリューム満点なので、場合によってはスルーするのもひとつの正解です。

『海鮮丼』(800円)

江戸前の天麩羅と言えば、海老は確かに主役ですが”キス天””穴子”なども外せません。

と、言う訳で豊野丼に初めて行ったなら、まずはこの『海鮮丼』から食べてみて欲しいですね!

ちなみに筆者の写真が色々とおかしい予感ですが、筆者は基本的に”大盛り”(+50円)でして、御飯は丼にすりきり位でしょうか?

一番上の写真は”ヤケクソ盛り”(+150円)なので、あんなグラフィックになっているだけですね。

あまり美しい絵面ではないかもですが、味の方は絶品でして、高温と中低温の天麩羅鍋を使い、衣をぱっと固めてからの、それぞれの食材を個別のタイミングで揚げる大将の腕を、疑う余地はありません。

あ、でもやはり”ヤケクソ盛り”は筆者レベルでもギリのボリュームですね。

ちなみに『豊野丼』では初見から大盛りをオーダーすると、考え直すように説得されるし、普段から大盛りをペロリと食べていないと、なかなか”ヤケクソ盛り”は出ないので、頑張って修行して下さい。

『穴子丼』(800円)

確かに海老は江戸前天麩羅の華ですが、何気に筆者が好きなのは”穴子”だったりするのです。

と、言う訳でわりと穴子丼率の高い筆者ですので、当然『豊野丼』の『穴子丼』も食べてみました。

結果、まさに穴子の美味しさを存分に味わえる仕上がりでして、天麩羅としての揚げ加減、タレの旨さ、御飯の美味しさ&盛りっぷりの全てが、ほぼパーフェクトな予感です。

『豊野丼』(1000円)

よそで言う所の”上天丼”って感じでしょうか?

しかし!

店の名前を付けているのは伊達ではなく、ある意味『豊野丼』を代表する天丼になるかと存じます。

基本、御飯がモリモリですので”大盛り”以上であれば天丼だと、”海老飢饉”が起きる可能性もあるので、デカ盛り系を狙うなら『豊野丼』か『黄金丼』がベターかと思います。

ちなみに写真は丼よりも御飯がかなり上にあるので、恐らく”てんこ盛り”かと思われます。

『黄金丼』(1200円)

そして『豊野丼』のフラッグシップとなるのが、コチラの『黄金丼』で御座います。

大きな海老がドーンと2本乗ったビジュアルは、まさに究極の天丼とも呼べる極めつけの一杯ではないでしょうか?

なるほど……”東の横綱”の名は伊達じゃないですね。

本当に海老が好きなら迷わず行けよ『黄金丼』とだけ言っておきましょう。

『イカ天丼』(時価)

そして『豊野丼』には仕入れによって”日替わり限定丼”が出るのも、特筆すべき案件でしょうか?

ですので、毎日行っても飽きないだけのラインナップがあり、旬の魚を出してくるので目が離せません。

『ハモ天丼』

筆者が関西に行ったら必ず食べたい料理のひとつである、”ハモの天麩羅”を使った丼が愉しめるのも、『豊野丼』の魅力ではないでしょうか?

関東だと穴子を使う事が多いのですが、個人的にはハモの方が天麩羅としては確実に美味しいと思います。

ですので、もしも『豊野丼』で発見したなら、迷わず注文して欲しいですね。

本当に美味しい鱧(ハモ)の天麩羅を食べたら、もう穴子には戻れません。

『鯨天丼』(1000円)

最近は『豊野丼』に行ってないので、今も鯨系メニューがあるのかは謎ですが、『豊野丼』の名物と言えば鯨を使った天丼です。

『豊野丼』の大将は、もともと市場で働いていたそうなので、美味しい魚の目利きに関しては疑う余地はありません。

今では貴重な鯨を使った天丼とか珍しいので、これも見かけたら必食だと思います。

お値段1000円と赤字価格の提供ですが、そこが『豊野丼』の大将の心意気って奴だと思うので、食べる側も全力で応えたいですね。(例えば、味噌汁も頼む等)

『まぐろ天丼』(800円)

天麩羅ではタブーとされる”まぐろ”を使った天丼で御座います。

確かに、どんだけ良い中トロを使っても、天麩羅の衣の油に鮪の脂が負けそうなのですが、思ったよりも天麩羅として成立していました。

しかし、やはり中トロの良い部分がマスキングされてしまうので、赤字になってまで出す必要があるのかは、小一時間案件でしょうか?

ほぼ大将の気まぐれメニューですので、見かけたら食べてみてやって下さい。

『豊野丼』 総評

横浜でもブッちぎりの”キタナシュラン”な『豊野丼』ですが、その味、盛りっぷり、コスパに関しては文句無しのナンバーワンかと思います。

若干、大将の個性が強い、あまりにも強すぎるので、そこら辺で賛否が分かれる予感ですが、大将のダジャレを軽く受け流すスキルがあれば大丈夫です。

あ、凄く大事な事なので二回言いますけど、あくまでも”受け流す”(ウケてから流す)ですからね! ノーリアクションとか完全スルーは店の空気が張り詰めるので勘弁して下さい。

あと、一見さんと常連の間の格差が露骨に激しいので、ここら辺も人によっては賛否が分かれる案件かもしれません。

他にも、この『豊野丼』は大盛りより上は”デカ盛り系メニュー”になるので、食が細い人は最初から「御飯少な目で!」と大将に自己申告して下さい。

大盛りだと丼にすり切り、”てんこ盛り”だと山盛り、”ヤケクソ盛り”だと盛れる限り盛りまくって、実質”大盛りの2杯”くらいブッ込んで来るので、御飯をキロ単位でペロリとイケる人以外は、絶対に大盛り以上のオーダーは止めましょう。

ちなみに数軒となりに『天ぷら 豊野』があって、非常に紛らわしいので要注意です。特にテレビとかで『豊野丼』が紹介された後に、昨日観たテレビの話をしながら『天ぷら 豊野』に並んでいる人達を見ると心が痛むので、あえて言おう!

「貴方が並ぶべき店は、コッチの小汚い方の店ですから!」

以上です。まあ、隣も美味しいので当人が幸せなら問題ないと思うのですが、みなさんは間違えない様に気を付けて下さい。