UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

横浜鶴見区『レストランばーく』今、ガード下の店が激減している件の是非

calendar

reload

横浜鶴見区『レストランばーく』今、ガード下の店が激減している件の是非

『レストランばーく』

神奈川県横浜市 鶴見区豊岡町1-17

営業時間 11:00~14:00 17:00~19:45

土曜日 11:00~14:00(ランチのみ)

定休日 日曜祝日

『レストランばーく』Googleマップで表示

鶴見区を代表する名店『レストランばーく』がヤヴァイ!

ガード下には名店が多いものですが、昨今は”高架の耐震補強工事”と言う名目の元に、多くの老舗が立ち退きを迫られ廃業してしまいました……。

と、言う訳で、あえて言おう!

「ガード下の店には今すぐダッシュでGO!」

まあ、この『レストランばーく』は移転とかの話を聞かないので、まだ大丈夫だとは思いますが、いつまでも古い店があると思ったら大間違いな21世紀ですので、気になったら即行動に移す方向でお願いします。

ってか、JRさんは僕の『大越』を返して下さい。(真顔)

『ハムカツ定食』(700円→800円)

『レストランばーく』で一番有名なメニューでして、まさに看板メニューと呼ぶに相応しい人気があるのが『ハムカツ定食』で御座います。

とりあえず、みなさんが想像するハムカツの斜め上を行っているのが、ビジュアルで確認出来るでしょうか?

基本、大盛りとか嫌いじゃない筆者ですが、この『ハムカツ定食』に関しては、安易な大盛り&中盛りコールは避けて欲しいと思います。

「何故ならハムカツが重いから! 超重いから!!」

大事な事なので二回言うパターンですが、マジにこのハムカツは危険です。純粋に肉の塊をかじっている様な錯覚、いや現実を突きつけられます。

「ハムって薄く切らないとパネェんですね……。」

みたいな遠い目になる事は間違いないので、この『ハムカツ定食』に挑む時は万全のコンディションで訪れる事を、推奨しておきます。

マジ、この時は最後の一切れがキツかったです。(食べる時間は普通でしたが、精神的なプレッシャーがキツいっす)

『カツカレー』(700円→800円)

「基本大盛り、応用デカ盛り!」

な感じの『レストランばーく』ですので、それ系の人が多く利用しそうな予感ですが、意外と女子大生率が高いのは特筆すべき案件でしょうか?

まあ、それはさて置き気になる『カツカレー』を食べてみました。

今は全体的に100円くらい値上がりしている様ですが、元が安いので高くなったって印象は皆無です。

むしろ……この『カツカレー』が千円以下なら、十分にペイ出来る可能性は濃厚でして、コストパフォーマンスに関しては、横浜でブッチギリのナンバー2だと思います。

いや、マジに横浜には『レストラン・テル』とか言う神店があるので、二番手なのは仕方ないです。

気になる味の方ですが、もの凄く美味しいって感じではないかもですが、町のレストランと言うか定食屋さん的なカレーとして見れば、美味しいと思います。

肉もゴロゴロしてるので、むしろカツが無くても十分だった可能性……あると思います。

『ドライカレーハンバーグ』(700円)

カツカレーとの二択で悩む『ドライカレーハンバーグ』は、筆者のイチオシアイテムで御座います。

ドライカレーとハンバーグが一度に愉しめるのも魅力ですが、やはりボリューム感と圧倒的なコスパによる”満足感の高さ”は注目すべき案件では、ないでしょうか?

ちなみにハンバーグはビーフな感じで、ハンバーグ単体で見ても十分な美味しさがあります。

さらに山盛りドライカレーも美味しいのですが、逆にカレーのルーが乗らない分だけ、ベースの米と言うかドライカレーの量が多いので、思ったよりもデカ盛りだぜHEY!感は否めないでしょうか?

そして、地味にサラダ的な部分も量があるので、写真以上に厳しい盛りだと思って頂ければ幸いです。

とは言え、ドライカレーとして美味しいので、これまたオススメの一皿ですので試してガッテン!

『レストランばーく』 総評

筆者の大好きな”下町洋食”みたいな流れを組む『レストランばーく』は、是非とも経験して欲しいと思います。

若干、ランチにしては過剰なボリューム感は賛否が分かれるかもですが、そこは「御飯少な目でお願いします」と言えば済む事なので、マイナスポイントにはならないと思います。

と、言う訳でデカ盛りから普通のランチまで対応する、この『レストランばーく』はオススメですので、よろしくお願いします!

現場からは以上です!