UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

【座間】ラーメン砂漠”相武台”に『RojiuraNoodle温麦』が!

calendar

reload

【座間】ラーメン砂漠”相武台”に『RojiuraNoodle温麦』が!


住所:神奈川県座間市 3-42-23
営業時間 11:30~14:30 18:00~21:00
『Rojiura Noodle 温麦』(Googleマップで表示)
神奈川県相武台前駅から徒歩3分の距離に新しく出来たラーメン屋さんです。町田の某ラーメン屋さんで働いていたので、それっぽい鶏清湯の美味しいスープを出しています。

お洒落な内装の『RojiuraNoodle温麦』

シャッターを下ろすと店の看板が見えないので、時間外に店の前を通っても気が付かない可能性……あると思います!

ラーメン屋さんぽくない内装を目指したと言う事で、カウンター席のみの小綺麗な店内です。

入り口の横に食券機があるので、まずは食券を購入してから席に着きましょう。

一番のオススメはやはり『特中華そば』(950円)ですが、筆者的には”生姜系”のラーメンを試して欲しいと思います。

定休日の告知はまだ無かったので、後々決めるのかと思われます。

『生姜中華そば』(700円)

某ラーメン屋さんと同じ感じのビジュアルですので、食べた事がある人なら分かるんじゃないでしょうか? 味の方も、寄せているので安心して食べられます。

名古屋コーチンや大山鶏などを使った”鶏清湯”のスープは、醤油ダレの配合こそ変えているものの、そこそこ忠実に再現していると思います。

と、言う訳で基本の『中華そば』(700円)に生姜が加わった『生姜中華そば』ですが、やはり鶏ベースのスープと生姜の相性は良く、個人的には生姜の加わった『生姜中華そば』の方が好みでした。

相武台周辺には、これ系のスープの店はないので、相武台周辺のラーメンフリークはチェックしてみる必要があるかと思います。

麺は開店直後で手が足りず、とりあえず製麺業者から仕入れているとの事ですが、喜多方ラーメンを彷彿させる太麺の”多加水平打ち縮れ麺”になっています。

今後、店の奥にある製麺部屋を利用しての”自家製麺”も考えているとの事なので、自家製麺に切り替わったら再訪してみようと思います。

『特中華そば』(950円)

こちらは豪華な具材の『特中華そば』となります。3種類のチャーシューと雲呑が加わるので、お値段的にもお得です。

豚バラ肉、豚腿肉、鶏チャーシューの3種類

特筆すべきは雲呑(ワンタン)の美味しさでしょうか?

喜多方ラーメンを彷彿させる”多加水の平打ち縮れ麺”も良い感じです。このタイプのプリッとした麺が好きな人は多いと思うので、選択肢として正解だと思います。

生姜感がないだけスープの良さが明確に出て来ます。相武台周辺にはこの手の鶏清湯スープの店は無いと思うので、あっさりした醤油ラーメンが好きな層を取り込めるかもですね。