UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

秋葉原『麺匠潮』のラーメンがゴイスーなので是非とも食べて欲しい件@にほんいち醤油そば

calendar

『麺匠 潮』@神田淡路町

東京都千代田区 神田淡路町2-4-4 アール神田淡路町B1F

営業時間 11:00~19:00

定休日 日曜日

『麺匠 潮』Googleマップで表示

個人的にめっちゃハマる一杯『麺匠 潮』

秋葉原には、さりげなくラーメン屋さんが沢山あり、基本的にはG系(ガッツリ系)ラーメンばかりと思われがちですが、あえて言おう!

「言うほどG系ラーメン多くない!」(少なくもない)

むしろ『青島食堂』や『饗くろ喜』みたいな洗練されたラーメンの方が、店としては多いと思います。

ですので秋葉原のラーメンヂカラを侮るのは、あまりラーメンが分かってらっしゃらない可能性……あると思います。

と、言うのはさて置いて、個人的には秋葉原では話題にならないけど、コチラの『麺匠 潮』を推したい今日この頃で御座います。

『にほんいち醤油そば』(870円)

こちらが筆者イチオシの『にほんいち醤油そば』となります。

写真の豪華な感じを見ると、色々とトッピングしていそうな気配ですが、実はコレでデフォルトです。

”大盛り無料”のサービスも考えると870円って値段は逆に安いと思いますね!

ちなみに日本一の醤油そばって意味では無く、厳密には”日本一しょうゆ”を使ったラーメンって意味が強いです。

”日本一しょうゆ”は昨今、意識高い系のラーメン屋さんが注目している醤油でして、ここ最近の流行りを通り越して主流にまでなっている、凄い醤油だと覚えておくとラーメンを食べる時に「おっ!」みたいな感じになります。

ちなみにコチラ、やや東京都町田市に会社があって創業は江戸時代の天明7年(1787年)だそうで、まさに醤油一筋の老舗で御座います。

と、言うゴイスーな醤油を用いたラーメンは、醤油ダレだけではなくスープの方も凄い感じです。

POPに書いてあるのを読んでみると、サバ、うるめ鰯、宗田鰹など7種類の乾物、すなわち節系の出汁に最高級の昆布出汁を、通常の2倍使用し時間をかけた”水出し”したとの事。

”水出し”って事は火に掛けないで、水の中に乾物を超長時間浸けているのでしょうか?

確かに一番美味しい出汁を作る為の技法として、煮立てず水の中で出汁を抽出するのは有りますが、それをラーメンでやるとなると、かなり時間が掛かる予感です。

ま、そこら辺の事はマニア以外は気にする必要はないのですが、とにかく『にほんいち醤油そば』のスープは凄いってのが伝われば幸いで御座います。

そしてコダワリの自家製麺も非常に美味しく、中細麺にしては加水率低めでしょうか?

小麦の旨さを前面に出した感じでして、しっかりした歯触りの残る堅さに茹でられているので、まさに蕎麦、もとい中華そば的な感じでスルっと行けます。

文句なしに美味い一杯でした。

ご馳走様です!

『麺匠 潮』 総評

やはり『麺匠 潮』と言うと新人賞を獲った『鶏白湯そば』(870円)が有名でして、コチラを食べてしまいがちですが、実は『にほんいち醤油そば』も相当美味い事実……報告すべきでしょうか?

ちなみに『鶏白湯そば』の方は”SPOT”さんの方で書いているので、そちらを読んで頂けると幸いです。

【コスパ抜群!】ランチ激戦区、神田駅周辺のグルメを全力で紹介してみたいのですが?

通常、ラーメン屋さんは人気が出て流行ってくるとメニューを増やしがちですが、この『麺匠 潮』は白と黒、上記の二種類で勝負しています。

お店の方針にも”初心を忘れず”みたいな事が書かれていて、それを忠実に実行している姿勢にはリスペクトで御座います。

と言う訳で、筆者イチオシの『麺匠 潮』に、是非みなさんも訪れてみて下さい。