UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

秋葉原『らーめん忍者』でラーメンではなく”油そば”と言う選択肢

calendar

『らーめん忍者』@秋葉原

東京都千代田区 神田松永町17-3 秋葉原妙見屋ビル1F

営業時間 11:00~22:45

日曜祝日 11:00~21:30

定休日 年中無休

『らーめん忍者』Googleマップで表示

秋葉原の二郎インスパイア『らーめん忍者』

まず、二郎インスパイアとG系の境目ですが、特に決まりは無い予感で御座います。

とは言え、確実に麺の方向性が違ったり、『ラーメン二郎』に対するリスペクトが無い場合、それはG系かなと解釈しています。

ここら辺、ラーメンマニア以外にはどうでも良い話ですので、深く考察するのは別の機会にするとして、まずはコッチ系のラーメンを食べ、「二郎インスパイアとはなんなのか?」を判断して欲しいと思います。

『油そば』(750円)

そして!

さも二郎インスパっぽい『忍者らーめん』(1050円)を食べると見せつつ、さりげなく『油そば』を食べるパターンです。

確かに夏だったのと筆者が猫舌であるのは否めませんが、あえて言おう!

「一番気に入ってるのは、値段だ。」

しっかりしたブタ(チャーシュー)の存在感、ヤサイ、黄卵、焦がしチーズ、マヨネーズ、刻み海苔と豪華なラインナップで750円で御座います。(コールはニンニクのみ)

正統派の”油そば”は具が少ないので、亜流とは言えコッチ系のスタイルは魅力的ではなかろうか?

麺は極太平打ちで低加水率仕様、縮れも結構加わっているのでタレの絡みは良さそうです。

しいて言うなら、かなりのボリュームなので混ぜるのが大変な事でしょうか?

レンゲと箸を併用して、天地を返す様にタレと絡めて欲しいと思います。

気になる味の方ですが、ジャンク系な”油そば”として良い感じですね。

黄卵とマヨネーズの相性、チーズのコクでチカラ強い味になっています。

ブタもしっかりしたボリュームがあるので、最後までバランス良く食べ進む事が出来ます。

ご馳走様でした!

『らーめん忍者』 総評

全体的に満足出来る『油そば』でして、これで750円ならコスパも最高かと存じます。

しいて言うなら、ヤサイ(茹でたモヤシ)からの水分も加わるので、スープの濃度が下がってしまうくらいでしょうか?

とは言え、味が薄いって事はなく、そこはコッチ系の強みで全体的にパンチのある味わいになっています。

ここら辺、逆に「ヤサイ抜きで!」みたいなコールが可能であれば、より麺の旨味を噛み締める事が出来るので、カスタマイズで克服出来ると思います。

また、下手な”油そば”よりもオイリーさは低いので、意外とナチュラルな感じで食べられるのもポイントでしょうか?

と、言う訳で『らーめん忍者』の『油そば』は結構、お気に入りですので是非、みなさんも試してみて下さい。