UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

【相模原】『六角堂』本店の博多長浜ラーメンって美味しいよね?【ばりかた】

calendar

reload

【相模原】『六角堂』本店の博多長浜ラーメンって美味しいよね?【ばりかた】

『六角堂』(共和本店)@相模原

神奈川県相模原市中央区 共和4-22-6 エビスビル105

営業時間 11:00~翌4:00(日曜祝日は翌2時まで)

年中無休

『六角堂』(共和 本店)Googleマップで表示

博多長濱ラーメンと言えば『六角堂』一択である!

若干、そこは『相模原なら長浜ラーメンだろ!』と言う声も微妙にあるかもですが、それは博多(長浜)ラーメンが分かってらっしゃらないと言わざるを得ません。

長浜ラーメンは”麺7割、スープ3割”と言っても過言ではなく、あくまでも極細麺をズバっと頂く為のラーメンです。

なので麺の茹で加減にムラがある、もとい”麺の茹で分けが出来ない”のは致命傷でして、調理する人のスキルと感性に大きく左右されるラーメンなのです。

ちなみに厳密には”博多ラーメンは鶏ガラベースで麺も指定なし”、後発の”長浜ラーメンは豚骨ベースで極細麺”との説がありますが、世間的にはどちらも”博多ラーメン”と呼ばれている予感です。

『長浜らーめん』(680円)

なので『六角堂』にも色々なラーメン、様々なトッピングがありますが筆者的には『長浜らーめん』こそ至高にして究極の一杯なのです。

無論、筆者が訪れるのは遅い時間帯でして、あえて店主が居るタイミングを狙います。

さして博多(長浜)ラーメンが好きって訳ではない、むしろ博多ラーメンに対しては厳しい筆者ですが、この人の作る『長浜らーめん』は大好きだったりするのです。

そう……例え相模原近辺に『一蘭』が進出して来ようとも、筆者の中の『六角堂』は1㎜もブレません。

しかも深夜もバリバリ絶賛営業中&年中無休みたいな神営業ですので、何気に筆者が一番多く食べるのは『長浜らーめん』かも知れませんね。

ちなみに筆者のルーティンは”ばりかた”(けっこうかためん)からの、”ゆげ”(湯気通し)で御座います。

ラーメンは細麺の方が茹で時間にシビアでして、特に長浜ラーメンとして見ても極細な『六角堂』の超極細麺を、”正確に茹で分けられる”と言うエキスパートは、そう多くはありません。

なので、最近は”ゆげ”の歯応えを失わない為に、麺を食べ終えたら”替え玉”の前に、紅生姜や辛子高菜をセッティングする事にしています。

とにかく筆者と同じ様に、博多ラーメンに否定的な人こそ『六角堂』の本店で食べてみて欲しいと思います。