【相武台】『相武飯店』のチャーハンが心地良い【炒飯】

『炒飯』750円+大盛り150円

はい、と言う訳で今回も『炒飯』で御座います。”町の大衆中華料理のド真ん中”って事なら間違いない鉄板メニューです。

大盛りなのでボリューム感も十分でして、ガッツリ行くなら大盛りにした方が絶対に良いと思います。

卵、ネギ、カマボコ、チャーシューとオーソドックスな具材で構成され、炒め加減も適度な感じで良好かと存じます。

昨今、”チャーハンはパラパラこそ至高”みたいな風潮がありますが、筆者はあくまでも”バランス派”でして、ただただ米をパラパラさせる為に他の具材の状態がおざなりになるのは、どうかと思っています。

ぶっちゃけ、チャーハンを食べる度に”パラパラパラパラ言ってる輩は炒飯が分かってらっしゃらない”と、上から目線で釘を刺しておきましょう。

と、言う訳で『相武飯店』の『炒飯』は”しっくり来る”んですよね~

なかなかチャーハンをガチに語る人に巡り会えませんが、その様な”炒飯ガチ勢”なら一度は食べてみて欲しいと思います。