UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

何故、瓶コーラが美味しいのか考えてみた@相模原レトロ自動販売機

calendar

『中古タイヤ市場』相模原店@レトロ自動販売機

神奈川県相模原市 南区下溝2661-1

営業時間 10:00~19:00(自動販売機は24時間稼働)

定休日 年末年始

『中古タイヤ市場』Googleマップで表示

コーラ言うたら瓶コーラじゃね?

まあ、特に記事で書くほどではないのですが、相模原のレトロ自動販売機の近況報告も兼ねてって感じでどうでしょう?

筆者、そこまでコーラに思い入れはないのですが、年に何回かは”瓶コーラ”を飲みたいお年頃で御座います。

と、言うか昔々はコレしかなかったし、その後の缶コーラも”250ml”みたいな細長い奴だったんですよね~

そんなこんなで今でも”瓶コーラ原理主義者”なる人が世には一定数存在し、瓶コーラこそ至高として一歩も譲らない人は居たり居なかったりします。

ちなみに製造元の公式見解では「中身は一緒です」との事でして、特に瓶コーラの為に別ラインでコーラを作っている事はないそうです。

では、実際に全てが同じ味なのかと言うと、物凄く微妙に違うらしく、「缶コーラは金属臭と言うか味がする!」との説もあります。

まあ、世の中には金属に超敏感な人がいるので、その説は意外と有りかなと。

で、ペットボトルはどうなのって話ですが、やはりペットボトルは”炭酸が抜けやすい”ってのがあるんですよね。

そんあ訳で某メーカーは一時期、炭酸が抜けにくい処理をしたペットボトルのコーラ的な何かを出していたのですが、ここ最近はその謳い文句を見ないような?

やはり、よほどの長期間保存でないと差が出ないので、普通のペットボトルでいいじゃんって事なのかと思います。

と、言う訳で究極的にコーラにとってベストなのは、やはり”瓶コーラ”って説も間違いではない可能性……あるでしょうか?

瓶だと瓶の味がコーラに移らないし、炭酸ガスも抜けにくいし、非常に炭酸飲料に適しているんですよね。

ちなみにビールが瓶ビール主体なのは”ペットボトルは微妙に空気を通すから”って理由でして、酸化しやすいビールは今でも瓶や缶が主流となっています。

他にも瓶コーラだと瓶ごと冷やすし、瓶コーラ派は直飲みしますよね?

結果としてコーラの冷たさが持続するメリット……あると思います。

肉厚のある瓶自体が冷えている事、ガラスは温度を伝えにくいので保温効果が高い事などなど、究極的にコーラの美味しさを求めると、やはり瓶コーラに辿り着くのは科学的根拠もあるぞって事で御座います。

ま、そこまでコーラに思い入れがない筆者的には「へー」くらいの塩反応なんですけどね!

『中古タイヤ市場』で瓶コーラを飲もう!

はい、と言う訳でさも瓶コーラに興味がないと見せておいて、瓶コーラの美味しさを小一時間ほど解説したので本題に入りますので、あえて言おう!

「さして自動販売機は増えていないと!」(2017年8月3日現在)

まあ、すでに”うどん&そば””ハンバーガー””ホットサンドイッチ””ポップコーン”などの大物は入っているので、なかなかラインナップを増やすのも難しいのかなと。

お菓子とかの自動販売機はちょっと増えたのですが、まあオマケみたいなもんですからね。

で、チェックしに行ったついでに瓶コーラ(100円)も飲んでみたりして!

お金を入れて商品ボタンを押すと、瓶のロックが解除されて1本だけ引き抜けます。

そして!

最近のヤングは知らないと思うので補足しておきますと、自動販売機に栓抜きが付いているので。

そこに瓶コーラを当てて栓を抜いて下さい。

この儀式の為に100円払っても惜しくないと思うし、瓶コーラ100円って安いと思うので積極的に飲む方向でお願いします!

ん~……やっぱ瓶コーラは美味しい!(気がする)

この190mlと言う飲みきりサイズも、時として有り難いんですよね~

と、言う訳で是非みなさんもレトロな自動販売機が沢山置いてある、相模原の『中古タイヤ市場』に行ってみて下さい。

レトロ自動販売機が増えていた件の是非(過去記事)

【相模原】レトロ自動販売機が増えていた件の是非【オートパーラー】