UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

『高尾山ビアマウント』完全攻略マニュアル@八王子ビアガーデン

calendar

『高尾山ビアマウント』@八王子

東京都八王子市高尾町2205

営業時間 15:00~21:30

毎年6月15日~10月15日くらい毎日営業

『高尾山ビアマウント』Googleマップで表示

夏と言えばビアガーデンじゃね?みたいな?

と、言う訳で夏真っ盛りな時に家で地味に記事を書いている訳ですが、あえて言おう!

「正直、高尾山ビアマウントに行きたい!」(NOW!)

何故なら山頂はちょっと涼しいから。

何故なら『高尾山ビアマウント』は2時間ビール飲み放題なのだから!

と、言う訳でそれとなく大人気の『高尾山ビアマウント』でして、団体で入ろうと思ったら2時間、遅くても1時間前には並ばないと、より待ち時間が長くなっちゃう感じでしょうか?

ケーブルカーと言う大人の選択肢もあり!

基本、山頂にあるので歩いて登るのも一興ですが、筆者の場合は純粋にビールを飲みたいだけなので、無用な苦労はノーセンキューで御座います。

と、言う訳でケーブルカーの往復券を買ってみたりして!

ちなみにケーブルカーはその特性上、ちょうど真ん中で対向車とすれ違います。

ま、要するに違いの車両をケーブルで連結しているので、単体の車両を引き上げるよりも少ない力で、それぞれの車両を登り降りさせる事が出来るって寸法ですね。

最初に考えた人は、地味に偉いと思います。

『2時間食べ放題飲み放題』(男性3500円)

ちなみに女性は3300円、中学生2500円、小学生1500円、幼児500円となっております。

そして気になる超過料金ですが、2時間を越えたら30分ごとに500円でして、さりげなく延長料金が安いのも魅力でしょうか?

とは言え、流石に2時間を越えて食べて飲んではシンドイので、まずは最低限、何を食べようかくらいは軽く考えていた方が良いと思います。

屋根付きのエリアもあるよ!

そして『高尾山ビアマウント』は山頂にあるので、希に雨が降ったりもする訳ですが安心して下さい。

ちゃんと屋根が付いているエリアも数カ所あります。

ちなみに天気が良ければ東京のスカイツリーも見えたり見えなかったりします。

勿論、快晴であればオープンなエリアも気持ちが良いので、やはり『高尾山ビアマウント』に訪れる際には、必ず天気予報は見ておいた方が良いとも書いておきましょう。

後は日が暮れてくるとチョイ寒いってなるかもなので、夏でも薄手の衣類を一枚くらい用意しておくとベターです。

飲むべきか?食べるべきか?

まあ、そこは個人の好みで良いんじゃないでしょうか?

飲みたい人は飲めばいいし、食べたい人は食べる方向でお願いします。

なんなら食べて飲んでで、如何でしょうか?

ちなみに『高尾山ビアマウント』の売りはその景色もですが、何気に美味しいバイキング形式の料理の数々でして、そこら辺は押さえておくべきかなと存じます。

攻略法としては1種類を沢山よりも、少しづつ多くの種類を食べた方が満足感は高めである可能性……あると思います。

と、言う訳で後は面倒なので写真を見て、モチベーションを高めて下さい。

ちなみに『高尾山ビアマウント』は揚げ物に”ドクターフライ”なる最新の設備を導入していて、揚げ物がカラっと揚げられる、かつ冷めても美味しい的な何かです。

そんな訳で、みんな大好き”鶏の唐揚げ”からイカリング等々、各種揚げ物も美味しい感じで御座います。

必然的に、筆者の鶏の唐揚げ率が異常に上がるのも仕方無いと思います。

ピザとパンが美味しい件の是非

そして!

石窯で焼かれる本格的なピザが大人気ですが、実は自家製のパンも非常に美味しい事実……報告すべきでしょうか?

あ、でもピザを食べてからパンを食べても遅くはないですかね?

ぶっちゃけ、米なんかどこでも食べられるので、この『高尾山ビアマウント』に来たなら是非ともパンを食べて欲しいですね!

と、言う訳で『高尾山ビアマウント』のパンは必食ですので、覚えておいて下さい。

点心類も見逃すな!

そしてビアガーデンの主役はビールでして、そのビールにもっともマッチする料理と言えば、やはり焼売や餃子、小籠包などの点心類ではなかろうか?

ここら辺も人気があって、すぐに無くなってしまうのですが、『高尾山ビアマウント』ではすぐに補充されるので、その気になれば全ての料理を食べる事も可能です。

勿論、餃子の人気は断トツでして、常に在庫量を気にしながらムーブする必要があるでしょうか?

他にも水餃子まで用意されているので、点心類に関しては死角無しって感じのラインナップで御座います。

と、言う訳で時間も2時間とたっぷりあるので、慌てる必要はまったくありません。

さらに!

『高尾山ビアマウント』と言えば八王子、八王子と言えば”八王子ラーメン”でして、この『高尾山ビアマウント』には八王子ラーメンも食べる事が出来ます。

つまり締めのラーメンすら『高尾山ビアマウント』で完結出来る可能性……魅力的ではないでしょうか?

勿論、アルコールを飲まない人にとっては、各種スイーツもあるので、そちらでエンディングを迎えるのも正解です。

むしろ、八王子ラーメンを食べてからスイーツに走るのが正解な可能性……あると思います。

っていうか、食べない方が不自然ですよね?

『高尾山ビアマウント』 総評

と、言う訳でなんだかんだと毎年行ってる感じの筆者でして、もはや恒例行事と言っても過言ではありません。

結構、写真を貼っていますが、これでも全メニューの半分くらいでしょうかね?

あと、仲間と飲みに行くと「飲まされる」のが心配な人もいると思うので、さりげなく裏技を授けておきましょう!

「ジョッキにシードルを入れておけば意外とバレない!」

ビールだけだとお腹いっぱいになるし、結構シンドイので合間に林檎を発酵させたシードルを飲んで、飲み過ぎをセーブする作戦は非常に有効で御座います。

と、言う訳で何気にメニューも多くアルコールを飲まない人でも愉しめるので、是非みなさんも『高尾山ビアマウント』に行ってみて下さい。