とんかつ『かつや』の1号店は相模大野店らしいので行ってみた@相模原

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『ロースカツ定食』税抜き690円

こんな感じですが、何か?

いや、もうすでに1号店に訪れちゃった時点でミッションの98%は完了した感じでして、なんなら何も食べなくても良いんじゃないか説もあるくらいですが、一応はベーシックな『ロースカツ定食』でも食べておきますかね?

ちなみに一瞬、『ダブルロースカツ定食』(税抜き950円)と悩んだのですが、『ロースカツ定食』はロース120gで690円、『ダブルロースカツ定食』はロース80g2枚の計160gで950円……ちょっと暗算が面倒なので40gで計算すると、”40g辺り230円vs40g辺り約260円”となり、そこはコスパに優れる『ロースカツ定食』を食べるでしょうがよって思った次第で御座います。

ってか、普通はカツ2枚の方が値段的にも”お得”になる気がしちゃうので、迂闊な人は『ダブルロースカツ定食』を頼んじゃうかもですが、それが孔明の罠なのです。

ま、とりあえずコレで税込み745円なら安いんですかね?

筆者的には平日ランチなら同じくらいの価格帯で美味しい店とかも知っている訳でして、あえて『かつや』で食べる意味は無いのですが、まあ一般人的には手軽に利用出来るチェーン店も有りって事だと思います。

気になる味の方ですが……ん~、まあ普通?

肉質も値段なりでして”お得感”は個人的に感じませんが、そこまで求めない人には「揚げたての豚カツが690円は安い!」ってなるのかもです。

ん~……この衣がアレですよね~

前に豚カツ屋の衣が剥がれてる事を、徹底的にディスってた記事を読んだ事がありますが、ぶっちゃけフライの衣ってのは剥がれやすいモノでして、時にはそういう事もある訳ですよ。

「あ~、このライターは普段チェーン店しか喰ってないな~」

みたいな感じでして、恐らく結着剤入りの業務用バッター液を使った豚カツばかり食べてるのかなと。

もっとも、そういう輩のせいで「絶対に剥がれない衣」みたいな需要が生まれて、ある意味クレーマー対策として、そういう商品が生まれたと思われますが……。

ま、流石に体にメチャメチャ悪い物質が入っている訳では無いと思うので、そういう”業務用バッター液”を使った所で人体に害は無いとは思うのですが、筆者的にはそういう衣の豚カツって料理として魅力的ないんですよ。

もっとも『かつや』の場合は職人が揚げているどころか、マシーンで揚げているんで、もはや職人の技も何も無く、量産してナンボなチェーン店ですので、そういうのを求める人には最初っから向いてない店なんですけども。

ご馳走さまでした!

『ロースカツ定食』総評

と、言う訳でとりあえず腹は満たされたものの、さして何の感動もなく、ただただカロリー摂っちゃったな感しか残りませんが、何はともあれ『かつや』1号店に行くってミッションは達成されたので良いんじゃないでしょうかね?

ちなみにチェーン店って「次回使えるサービス券」(100円引き)みたいなのを良く渡しますが、あれは「サービス券あるから期限切れる前に行っとくか?」みたいなリピートを狙った罠でして、ゆえに有効期限も1ヶ月くらいだったりするんですよね~

ま、100円引きのサービス券を使わないと、なんか100円損した気分になっちゃう心理を突いたセコい罠ではありますが、どこのチェーン店もやってるのを見ると、その効果の高さを伺う事が出来ます。

もっとも、さして美味しくもないモノを100円引きの券を使う為だけに再訪し、「やっぱイマイチだったな~」となるのが予想されると言うか、学習出来れば孔明の罠に堕ちる事もないのですが。

っていうか、本当に美味しい料理だったら100円引き券なんか無くても食べたくなったら再訪する訳でして、やっぱチェーン店はなんだかんだ言っても、その程度の料理を出しているって事でFAだと思います。

そんな感じで個人的には無くてもまったく困らない『かつや』ですが、それなり『かつや』を利用する人も多いと思うんで、ちょっとでも『かつや』への愛があるなら1号店に行ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事