『蒙古タンメン中本』とタイのカップラーメンどっちが辛いのか?

「いざ、実食!」

こんな感じで、どうでしょう?

謎の香味オイルみたいなのがヤベェ色をしていますが、今の所は危険な香りはしていません。

せっかくですので、付属の折り畳み式フォークを使いますかね?

底の方から良くスープを混ぜてみると、段々とスープの色も濃くなり、辛そうな雰囲気が漂って来ます。

麺の方は……まあ、日本のカップ麺と大差ないですかね?

そして!

気になるスープの味ですが、ガチンコのトムヤムクン味(タイの酸っぱ辛い海老スープ)でして、容赦ない酸味と辛さが特徴で御座います。

ん~……コイツは病み付きになりますね~

日本でもトムヤム風味のカップ麺は希に売っていますが、やはり本場は酸味も尖っていてパンチがあります。

辛さの方ですが……ま、激辛料理への耐性が出来ている筆者的には、ちょっと辛いかなってくらいでして、水が無ければ完食出来ない……って程ではありません。

『蒙古タンメン中本カップ麺』

それでは日本を代表する辛旨ラーメン『蒙古タンメン中本』のカップ麺も食べてみましょう!

ちなみに今回、特別審査員として筆者のツーケーと言うか”人体の末端器官様”も辛さ判定の対象になっているので、あえて別の日に食べる事にしました。

ん~……やはり日本のカップ麺は具が豪華でして、豆腐?の存在もスペシャルですが、キャベツなどの薬味も盛り沢山ですな!

こちらも規定量の湯を注ぎ、5分待ちます。

付属の辛味オイルで辛さを調整出来るっぽいのですが、いつも『蒙古タンメン中本』でヒヤミを食べている筆者は、迷い無しの全量投入で御座います。

こちらも底の方から良く混ぜると、なかなか凶悪なスープ感と言うかビジュアルに変化しまして、『蒙古タンメン中本』は伊達じゃ無いって雰囲気ですな!

気になる味の方ですが……なんか甘くね?

いや、確かに辛さの方も突出しているのですが、”辛旨”を再現する為と思われる謎の甘さ(砂糖的な甘味)が個人的には微妙でして、ちょっと違和感です。

ん~……確かに辛いだけでは『蒙古タンメン中本』では無いのですが、この不自然な甘さも個人的には違うなって思った次第でして、やはりカップ麺の限界を感じますね。

ご馳走さまでした!

カップラーメン対決結果発表!

え~、純粋な辛さって事では『蒙古タンメン中本』かもですが、やはり甘さもあるのでトータルで見ると……タイのカップラーメンの方が辛く感じますかね?

ちなみに筆者のツーケーに聞いてみた所、どちらも翌朝ノーダメージだったので、やはり『蒙古タンメン中本』の実店舗で食べるヒヤミが圧勝って事になりますが。

ま、『蒙古タンメン中本』のカップ麺もなかなか雰囲気を出してはいますが、あの謎の甘さが必要だったのかどうかは小一時間で御座います。

その点、タイのカップ麺は容赦ないほどにタイの味でして、実際に現地で食べるトムヤムクンの風味をなかなか忠実に再現しているなと感心した次第です。

そんな感じで最終的な結論として、どちらのカップ麺が辛いかっちゅうたら……同じくらいですかね?

逆に言うと、この『蒙古タンメン中本』のカップ麺じゃちょっと物足りない、やっぱ実店舗で北極かヒヤミでしょ!って人は、タイに行っても現地の料理をエンジョイ出来ると思うので、タイに行こうと思う人は今のうちから『蒙古タンメン中本』で鍛えておく事をオススメしたいと思います。