【ライス食べ放題】濃厚味噌とんこつ『魂心や』で白味噌ラーメン!@相模原

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『白味噌らーめん』690円

こんな感じでどうでしょう?

今日はオープン記念価格で1杯500円ですが、通常は690円となります。

もっとも、18時までは”麺大盛り無料&ライス食べ放題”ですので、通常の690円って値段だとしても決して高くは無いんじゃなかろうか?

え~、一応は『魂心家』のセカンドブランドって事でして、微妙に家系を彷彿させる”ホウレン草”的なアイテムもありますが、あったら嬉しいアイテムですので文句はありません。

ちょっとモヤシが見えない感じですが、味噌ラーメンらしくモヤシ要素もデフォルトで入っているので、全体的なアイテムは一通り揃っているかなと。

チャーシューは1枚ですが、そんなに薄くも無いし仕上がりも良好なので、これまた普通に受け入れる事が出来ますね。

ちなみにオープンイベントの時でもライス無料&麺大盛り無料(18時まで?)はあるものの、あえて言おう!

「特に大盛り云々は聞かれなかったと!」

他の人には聞いてたので大盛り無料なのは間違いないのですが、コレは一体……。

ま、オープン初日はこんなもんですので、もしも店員さんが何も聞いて来なかったら「大盛りで!」と自己申告した方が良いと思います。

もっとも、筆者くらいのデブになると自動的に大盛りにしてくれる事が多々あり、今回も麺量は多かったので自動的に大盛りになってたと思うし、なんなら連食するから並盛りでも良くってよと思っていたので、特にクレームと言う訳ではありませんが。

ってか、こういう事が起こりがちなので普通は金曜日をプレオープンにして、忙しい土日の前に慣らしておくのが業界の常識だと思うんですけど、どうなんでしょうね?

そして!

気になるスープの方ですが……まあ、どうでしょうね?

かなり濃度の高い豚骨スープでして、いわゆるマイルドな感じではありますが、やはり美味しいと素直に喜べないのは否めません。

味噌感も中々でして、わりと万人向けでウケるとは思うし、そういう方向性でスープを研究してセントラルキッチン方式にしてるので、コレはこういうジャンルと言う事で受け入れましょう。

麺の方はやや平打ち気味は中太麺、個人的にはスープが濃いので普通の太麺で良いんじゃないのかとは思うのですが、やはり回転率を上げる為には平打ち気味の方が茹で時間も短くなるので、戦略的には正解だと思います。

ま、個人的にはチョット濃いと言うかクドいかなとは思ったのですが、逆にこのくらいが好きって人も居ると思うので、そこら辺は好みの差って範囲で収まるかなと。

ご馳走さまでした!

『白味噌らーめん』総評

個人的にはこういう形態のチェーン店がドンドン進出する事で、多くのラーメン屋さんが淘汰される現実を考えると、なんとも微妙な気持ちになりますし、セントラルキッチンで作ったスープを美味いの不味いの言うのはナンセンスなのですが、あえて言おう!

「決して不味くはないのが悔しいと!」

ま、逆にそこまで持ち上げるほど美味しくも無いので、美味しいを連呼する気にもなりませんが、やはり工場系スープは”万人にウケる味”を追求しているので、そんなに不味くも無いんですよね~

良く言えば”雑味なく安定した味”ですし、悪く言えば”ただ乳化させただけのインスタントスープ”って事かなと。

もっとも一番原価の掛かるスープを手抜き、もとい工場で一括生産してコストダウンしたからこそ、大盛り無料やライス食べ放題でこの価格が実現出来るので、ラーメン本体よりもサイドの無料ライスとか無料トッピングを重視する人には、セントラルキッチン方式のチェーン店が最高だと思います。

ここら辺は人それぞれでして、筆者の場合はあくまでも美味しいラーメンを欲した時にラーメンを食べに行く人なので、ただ「腹が減ったからラーメン行くか?」みたいなノリでは無い為、ちょっとくらいの値段の差は気にならないですし、スタンプ集めてトッピング無料とか、ライス無料サービスとかも「ラーメンの味で勝負出来ないからソッチで集客してるのかな~」くらいに思ってますので、いくらコストパフォーマンスに優れていても、行かない店にはまったく行かないんですけども。

そんなこんなで個人的にはこういう形態のラーメンチェーン店に関しては、あれこれ思うモノはありますが、客観的に見て駐車場も広く値段も味も普通、まくり券で各種トッピング無料(『魂心や』は海苔が無いので替わりにモヤシになる模様)、さらに18時まで麺大盛り無料だったり、終日ライス食べ放題とかコスパに関しては間違いなく最強ですので、そこら辺に惹かれる人は積極的に通ってみたら良いと思います。

スポンサーリンク

関連記事