デカ盛りな店『新三陽』にカツ丼を食べに行ってみた@相模原

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『かつ丼』750円

どうでしょう?

『新三陽』と言えばデカ盛りチャーハンが一世を風靡した感じでして、ぶっちゃけチャーハン以外食べられていない可能性も否定出来ないので、あえて『かつ丼』的なのをオーダーしてみました。

ちなみにコレで普通盛り。

『新三陽』の大盛りはマジで御飯が多いのでってのも有りますが、プラス400円なら……普通盛りで良いかなって思っちゃいました。

ま、全盛期はもっと安かったんですけれども、デカ盛りブームの時に大盛り料金をガッツリ値上げした結果、こんな感じになった訳ですが。

とりあえず……これで750円ならボリューム感を考えるとコスパは高いですかね?

だが、しかし!

『かつ丼』の命とも呼べる豚カツの方は薄カツでして、写真でも肉を肉眼で確認するのは難しいレベルですが、あえて言おう!

「見るんじゃない、感じるんだ!」

そこに肉があるから一生懸命探してしまう訳でして、目を瞑って精神集中し『かつ丼』全体をひとつの小宇宙として捉える事が出来れば、豚カツが厚いとか薄いとかは小さな事で御座います。

ご馳走さまでした!

『かつ丼』総評

ま、とりあえず御飯はボリュームあったので「お腹一杯になったな~」とは思うのですが、やはり一人のカツ丼好きとして『新三陽』のカツ丼を評価出来るかっちゅうたら微妙でして、オススメ出来るかどうかと聞かれたら、その答えは貴方の心の中にあると思います。

とは言え、学生相手のデカ盛り店だと、こういうパターンもあるので筆者的には想定の範囲内でして、ゆえに大盛りには至らなかったみたいな可能性は否定出来ません。

昔の話をしても始まらないのでアレですが、やはり今はチェーン店の方が安い場合も多いですし、ラーメンとかもラーメン自体はさして美味くないチェーン店なら、大抵は”ライス無料”とかスタンプを集めると”トッピングサービス”みたいなのをやっているので、コスパ的にはそっちに流れちゃうのは否めません。

だが、しかし!

何はともあれ相模原のデカ盛り時代を築いた功績は間違いなく、そう言った意味ではお世話になった人も少なく無いと思うので、気が向いたら『新三陽』に食べに行ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事