『ステーキ屋松』よりもステーキの安い店が相模原にある@『つわの』

『国産肉和牛ステーキ250g』1000円

こんな感じで、どうでしょう?

アツアツの鉄板をジュージュー言わしながらの登場でして、スーツを着ていたなら即死だった事を報告しておきましょう。

だが、しかし!

冷めたステーキと言うのはステーキにあらず、やはり油が飛び散ろうともそこは超アツアツで提供して欲しい筆者でして、このカメラに優しくない感じの飛び散り加減も想定の範囲内で御座います。

ちなみに本日もライス大盛り、茶碗がデカいので大盛り感は低めですが、そこそこ大盛りになっている事は間違いありません。

さらに!

デブへのサービスなのか今回のステーキはライス大盛りに合わせて280gとの事……神ですか?

ま、ここら辺の心意気が個人店の良さでして、きっちり在庫管理しているチェーン店では有り得ないサービスだと思います。

気になるステーキの方ですが国産牛肉の赤身(ランプ)らしいですね。

まあ、筆者は焼肉であれば”霜降り”みたいなサシが入った牛肉も好きですが、やはりステーキの基本は”赤身肉”だと思うので、部位に関しては物申す事もありませんし、この値段のステーキで部位を気にする方が野暮ってもんでしょうか?

つまり!

ここはひとまず”250g(280g)の国産牛肉”って部分にだけに意識を集中すべきでして、他は全てノイズでしかない……そういう心構えが重要ですね。

そもそもが。

ステーキを食べるのに部位がどうこうとか、サシがどうこうって話自体がナンセンスでして、牛肉って相場がしっかりしてるので基本的には”値段=肉質”の図式は揺らがないので、「3000円以下のステーキでどうこう言う方がどうかしてるぜ!」って説が濃厚で御座います。

ん~……やはりステーキの醍醐味は赤身肉をレアでガッツリ食べる事ですな!

ちなみに一応は肉質の方も報告しておきますと、流石に国産の牛肉だけに赤身肉ながらも柔らかく(レアだからね!)、筋も少なく味的にはマーベラスだと言っておきましょう。

ご馳走さまでした!

『国産肉和牛ステーキ250g』総評

まったくもってディスる要素のない『国産肉和牛ステーキ』でして、肉好きなら食べる1択でよろしいかと存じます。

ま、赤身肉の旨さが分からない人にはオススメしませんが、真の肉好きならば『つわの』は絶対に行くべきですな!

ってか、この値段なら毎日食べてもいい……そう思ったくらいです。

(記事的にそれも困るので毎日は行かないけども)

と、言う訳で世間では『ステーキ屋松』が話題みたいですが、ぶっちゃけ筆者の中では眼中に無い感じでして、相模原ら辺に住まう人なら『つわの』で食べればいいなじゃないでFAで御座います。

そんな感じで『和牛テキ』も良かったのですが、やはり肉好きなら『つわの』のステーキは必食ですので、次はもうちょっと美味しいヤツ(1500円シリーズ)を食べてみようかなと。

って感じでココ最近、筆者的マイブームな『つわの』は良い店ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。