【丸長のれん会】中華そば『丸龍』特製野菜つけ麺大盛り的な何か@相模原

『特製 野菜ツケソバ大盛り』850円

こんな感じで、どうでしょうか?

え~、細かい話になるのでマニア以外にはどうでも良いトリビアですが、なんでも”丸長のれん会”の場合、丸長系の流れは”つけそば”、東池袋系は”もりそば”って呼ぶ事が多いそうです。

さて。

まずは初見なので店の看板メニューから食べようと思っていたのですが、大盛りにしたらこのボリューム感……一軒目に設定して正解!

ラーメンの丼にタップリのスープ&野菜、麺の方もかなりのボリュームでして、ほぼほぼデカ盛りのジャンルに入る可能性……あると思います。

だが、しかし!

今回は盛りっぷりも期待していたものの、やはり”丸長のれん会”の実力を拝見してみたい的な期待値が高く、やはり着目すべきは”味”に尽きるかなと。

とは言え、その味を堪能する前に、まずは野菜的な何かを食べないと麺がスープに浸らないので、強制的にベジファーストで!

ん~……ちょいとした酸味、しっかりしたスープの強さもあり、コッテリでは無いのですが骨太な印象の”つけ汁”でして、誠に美味しゅう御座います。

あえて言う必要は無いのですが、丼の底まで野菜がぎっしりなので、野菜炒め的な定食よりも野菜感は高いんじゃなかろうか?

そこそこガッツリ食べると麺を入れるスペースが出来るので、そろそろ麺を頂きますかね?

麺の方は比較的細めな平打ち麺、加水率も高くツルツルした喉越しでして、これは沢山食べられるヤツですな!

細めの平打ちですので、そこまでブリックス(粘度)の高くないスープも良く運ぶので、言わば”ざるそば”をたぐるが如く食べ進む事が出来ます。

正直、店構えがボロっボロなので一抹の不安を抱いた瞬間も否定出来ませんが、この味ならば間違いなくオススメ出来る可能性……あるんじゃなかろうか?

しかも!

マジに麺量も多いし野菜もガッツリなので食べ応えも十分!!

むしろ、十分過ぎるので普通の人は大盛りにしない方が正解!!!

ちなみに小さなヤカンは”スープ割り用スープ”でして、量が多いので最後までアツアツな感じでした。

ま、麺が沢山あるのでラーメン風にして食べてみてもいいじゃない。

ちなみにスープの方、かなり美味しいので『丸龍』では”スープ割りは必食!”である事も報告しておきましょう。

この旨さならラーメンの方も食べたくちゃっちゃいますな!

ご馳走さまでした!

『特製 野菜ツケソバ大盛り』総評

昨今、全ての街になんちゃって『大勝軒』が溢れている感じでして、すっかり『大勝軒』ブランドもイメージが堕ちた、と言うか落とされた気がしないでも無いのですが、その源流となる”丸長のれん会”は未だに健在である事を『丸龍』で確信した次第で御座います。

(勿論、大勝軒もバリバリ健在ですが)

ま、この『丸龍』自体もかなり古くから営業しているバリバリの町中華でして、相模原的にも十分に老舗に入るので、流石に料理の完成度は高いかなと。

しかし!

『おさ』と同じで味は今でも一級品なのですが、如何せん”建物の老朽化”って事では平等に時が流れている感じでして、多分に『おさ』と同じ感じで「建物の終了と共に閉店」みたいなパターンは予想されるので、確実に”なるはや(ASAP)案件”となりますかね?

しかも場所が場所だけに御世辞にも流行ってはいないので、新たに移転したり新築して続く可能性は限りなくゼロでして、我々に残された時間は少ない事はアピールしておきたいと思います。

さらに!

時間と言えば料理が提供されるまでにチョイチョイ時間が掛かるので、時間に余裕を持って訪れて欲しいかなと。

そんな感じで今更感ある『丸龍』ですが、恐らく筆者と同じで行った事が無い人もメチャ多いと思うので、なるべく早く、かつ混まない程度に食べに行ってみて下さい。