町田『AFURI』グランベリーパーク店で塩ラーメン的な何か

『塩らーめん』980円

こんな感じで、どうでしょう?

ま、流石に『AFURI』ですので、そこはイイ感じのビジュアルにまとまってるかなと。

言うまでもなくベーシックスタンダードなのは『柚子塩らーめん』(1080円)なのですが、筆者そんなに柚子を欲していないですし、初見のラーメン屋で千円超えはシンドイので、まあ一番安いラーメンで良いかな~って。

ちなみに麺は券売機で食券を購入する時に”真空手揉み麺”(太麺)に無料で変更出来るので、真空かどうかはさておいて、とりあえず太麺にしてみました。

チャーシューもなかなか美味しそうですな!

さて。

気になる味の方ですが……流石に美味しいじゃない?

いや、そもそも『AFURI』は食べに行こうと前から思っていたラーメン屋ですので、この機会にチャレンジしてみた訳ですが、まあ噂通りの美味しさではあるぞと。

え~、一応は公式サイトの方にウンチクが書いてあるので参考までに引用しますと

AFURIのらーめんを仕込んでいるのは、阿夫利山の麓、神奈川県厚木市七沢に構える「セントラルキッチン」。阿夫利山の天然水に、国産の丸鶏、魚介、香味野菜を贅沢に入れ炊き上げるスープ。少し沸騰するだけで味も香りも変わってしまうほど繊細なその味は、気候、湿度、火加減、時間のすべてを緻密に計算しつくっています。らーめんの味を司る、特製の塩ダレ・醤油ダレ。チャーシューなども、すべてセントラルキッチンでその日のベストの味を追求したもの。阿夫利山の麓で毎日仕込み、各店舗で丁寧に調理し、お客様に提供しています。

との事Death!

ま、実際にスープの方も丸鶏の旨味が乗ってますし、恐らく誰もが好きなラーメンかな~って思える味でして、ディスる要素はまったくありませんね。

そして!

ここら辺は好みの差ですし、筆者も『AFURI』で細麺を食べた事がある訳でも無いのですが、この手揉み麺が結構イケてるんじゃないかなと。

チャーシューとかも美味しかったし、まあ後はどんだけ並ぶ事に耐えられるのかっちゅう感じですかね?

ご馳走さまでした!

『塩らーめん』総評

お値段的に安くはありませんが、まあ品質と味を考えたら高いって騒ぐほどの値段ではないので、何かしらのタイミングで行列じゃなかったらワンチャンですかね?

ま、場所が場所なんでラーメンエリートばかりが客では無い為、後から来て合流と言う名の割り込みをしたりと、マニア的にはイラっとする案件は多々ありますが、まあ『グランベリーパーク』と言う異世界では、むしろソッチの方が多数派みたいなので、なんだかな~と思いながらも諦めちゃう自分が居ました。

そんな感じでラーメン的には美味しいと思うので、まあ『グランベリーモール』に行ったタイミングで食べてみたら良いと思います。