G系『麺屋 歩夢』つけ麺を釜揚げスタイルでエンジョイする瞬間

相模原,ラーメン&つけ麺,デカ盛り淵野辺,G系,麺屋歩夢

『大つけ麺&豚1枚ラー油抜き釜揚げ』1100円

こんな感じで、どうでしょう?

もはや『大つけ麺』(1000円)の食券を買うと麺マシ不可避なので、結果的にこうなるじゃない?

とは言え?

多分に500gとか600g申請はスルーされる率が高いと思われ、だったら店主的にもギリ納得出来る700gとか800gで申請すると、そこら辺で仕上げてくれるかな~って。

(対応には個人差があります)

って事で、今日は平和な700gで大体ほぼほぼ収まってるかなと。

ちなみに今回のコール的なのは、食券を出す時に「ラー油抜きの釜揚げでお願いします!」って感じで、ラーメンが完成した時に「ニンニクで!」みたいな感じで御座います。

一応は『麺屋 歩夢』初心者も読まれるかもなので書いておきますと、『麺屋 歩夢』の”つけ麺”は『辛い小つけ麺』(1000円)みたいな辛い系以外、すなわちノーマルの『小つけ麺』にもラー油的な要素があるので、辛いのが苦手な人は「ラー油抜きでお願いします!」って申告して、ラー油抜きバージョンにするのが吉ですな!

そして!

超大事な事なので書いておきますが……まあ、言うても初見の人ならそんなに盛られないので大丈夫ですが、『麺屋 歩夢』のヤサイは普通に『野猿二郎』をも凌駕するので、迂闊に「ヤサイマシマシで!」とか言わない方が身の為で御座います。

(コール後の結果には個人差があります)

ま、筆者はいつも麺をエンジョイしたい派なので、ヤサイのコールはもう2年くらいしてないかも?

って事で、そこら辺の謎システムは置いておくとして、噂の”釜揚げ”的なヤツですが、あえて言おう!

「コレは結構、ヘヴィーな予感であると!」

昼のラスロに近い時間帯だったので、かなり茹で湯の方もコッテリと思われ、つけ麺とはまったく違った様子に戦慄を覚えないでもない……

だが、しかし!

冷水で締めてない分だけ食感は柔らかいので、アゴ的には食べやすいですかね?

さらに!

ノリ状になったオーションもスープを吸うので、味的にも通常の”つけ麺”とはチョット変わって来るかもですね~

そこら辺、どっちが美味しいとかではなく単純に好みの問題になりますが。

釜揚げですと麺も温かいので、最後までスープも熱いままで食べれるメリット。

ノーマルつけ麺ですと麺が締まっているので、より麺のハードな食感をエンジョイ出来るメリット。

どちらを選ぶかってだけの話かなと。

まあ、ソコは実際に両方食べてみないとって話でして、『麺屋 歩夢』で試してみたら良いじゃない?

ん~……今日もイイ感じのスープを炊いてますね~

麺量もガッツリですが、ここら辺のスープ側の背脂をデザート替わりに食べてると、イイ感じに休憩出来るのでイイ感じ。

あくまでも筆者の場合ですが、やっぱ釜揚げの方が麺は柔らかめな食感ですので、量を食べるには良いんじゃないかな?

結構、全体的にコッテリに見えますが、酸味もガツンと聞いているので食べてる最中は脂っぽさを感じないのもナイスかなと。

そして!

やはり大は麺量が大でして、結構食べたな~と思って麺をスープ側に移すと、まだまだ普通に小ラーメン以上のボリュームがあるとか、ウケるんですけども!

ご馳走さまでした!

『大つけ麺&豚1枚ラー油抜き釜揚げ』総評

と、言う訳で”釜揚げ”的なバージョンで食べてみたのですが、コレはコレで有りですね~

それなりの麺量ですが、最後まで飽きずに食べれちゃうって事は、それだけの美味しさがあるぞって事だと思います。

いや、普通はこのくらいになると”味変”みたいなのを使うのがセオリーですが、思えば『麺屋 歩夢』は終始同じテイストで完走してるかも?

って事で、まだ『麺屋 歩夢』の”釜揚げ”を食べていない人は、そこら辺もワンチャンあると思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。