UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

秋葉原『ハラルミンナノレストラン&カフェ』でチキンビリヤニを食す【閉店】

calendar

reload

スポンサーリンク

『ハラルミンナノレストラン&カフェ』@秋葉原

東京都千代田区 外神田3-7-8 1F

閉店

 

『ハラルミンナノレストラン』Googleマップ申請中

チキンビリヤニが700円ですと?

こちらも秋葉原をパトロール中に発見した、比較的新しい『ハラルミンナノレストラン&カフェ』で御座います。

まず、秋葉原界隈には本格的なカレーを食べさせる店もちょいちょいあったのですが、ここ数年の大手カレーチェーン店の進出により、数は減りつつある状況でして、新規の個人店となると久し振りな感じでしょうか?

しかも!

筆者の好物でもある”ビリヤニ”が700円と激安な予感ですので、これは必食ではなかろうか?

『チキンビリヤニ』(700円)

と、言う訳で『チキンビリヤニ』で御座います。

ちなみに、まだまだビリヤニの知名度は低いと思うので補足しておきますと、カレー風味のピラフみたいな感じです。(超ザックリに言うと)

ですので、カレーの好きな日本人的には非常に馴染みやすいメニューでして、この機会にビリヤニの美味しさをアピールしたい筆者です。

いわゆる長粒種、バスマティ米を使っているので、日本の米の様に粘りが無く、さらっと食べられるのがポイントです。

昨今の若い人なら逆に昔の”米騒動”とかを知らないので、タイ米など長粒種に対する偏見はないと思うのですが、古い人の中には「日本の米以外は全て不味い」みたいな間違った認識があるので、あえて言おう!

「全ては料理次第!」

適材適所、使い方次第ではないでしょうか?

気になる味の方ですが、まあカレーピラフ的な何かを想像して頂ければ、ほぼ正解だと思います。

とは言え、ビリヤニは油を使わず炊き上げるので、油で材料を炒めてから炊き上げるピラフよるはカロリーも低く、意識高い系の人ならビリヤニを選択するのが正解かと存じます。

骨付きの鶏腿肉も柔らかく、ちょいと食べにくい感はあるものの、骨付き肉ならでは美味しさがありますね!

ご馳走様でした!

『ハラルミンナノレストラン&カフェ』 総評

ビリヤニは結構手間の掛かる料理でして、何気に1000円前後が相場かなと思います。

しかし!

この『ハラルミンナノレストラン&カフェ』であれば700円ですので、とりあえずビリヤニ初心者にもお奨めでしょうか?

食べれば納得の味ですので、是非みなさんもこの機会に試してみて欲しいと思います。

関連記事

この記事をシェアする