新宿『ビフテキ屋あづま』の”あづスパ”を愛して止まない件の是非

スポンサーリンク

『ビフテキ屋あづま』@新宿

東京都新宿区 新宿3-6-12 藤堂ビル1F

営業時間 11:30~21:50

定休日 無休

『ビフテキ屋あづま』Googleマップで表示

創業昭和21年!新宿の『ビフテキ屋あづま』

今は懐かしい「ビフテキ」(ビーフステーキの略)と言う響きですが、昔々はまさに御馳走の代名詞でして、その名前を聞いただけでワクワクしたもので御座います。

『ビフテキ屋あづま』は新宿で1946年にオープン、今でもバリバリに営業中の洋食屋さんでして、洋食好きの筆者的にはリスペクトな店なのです。

店の看板メニューとなる『豚のじゅうじゅう焼き』(1000円)は、多くの人に愛されているメニューでして、今でも人気があります。

『あづスパ』(1000円)

さも『豚のじゅうじゅう焼き』を食べると見せておいて、華麗にスルーするパターン。

とは言え、コチラのメニューも『ビフテキ屋あづま』の名前を一部冠した『あづスパ』でして、これまた代表的なメニューである事は間違いありません。

そして!

筆者はナポリタンとカレーが好きである可能性……あると思います。

ちなみに『あづスパ』はそれに”コロッケ”が加わる神メニューでして、筆者が選ぶのは当然でしょうか?

カレーの方は普通に美味しく特にスパイス感が来てる訳でもないのですが、いわゆるジャパニーズカレーとしてイイ感じです。

逆に老舗の洋食屋さんらしい、カレーと言えると思います。

オッサンになると、こういうカレーが落ち着くんですよね~

特筆すべきはナポリタンでして、かなりケチャップ感のあるナポリタンですが、それが『ビフテキ屋あづま』らしいと言うか、昔懐かしいナポリタンで誠に美味しゅう御座います。

ここら辺の完成度も流石に老舗って感じでして、具沢山な感じも含めて個性的だと思います。

コロッケにタルタルソース……嫌いじゃありません。

サクッとした衣の香ばしさとコロッケのクリーミーさの対比が堪りません。

ご馳走様でした!

『ビフテキ屋あづま』 総評

新宿のド真ん中にありながら、これらメニューが1000円とは安いと思います。しかも料理は手作りでして、その味に関しても申し分ありません。

こういう洋食屋さんを巡るのも筆者の趣味のひとつでして、次回はオムライスとかを食べに再訪したいと思います。

是非、みなさんも『ビフテキ屋あづま』で、美味しい料理を食べてみて下さい。

スポンサーリンク