仮面女子『冬の糸』記者会見の様子とかどうでしょう?@アリスフィルムコレクション

スポンサーリンク

「冬の糸」記者会見に行ってみた

”アリスフィルムコレクション”の最新作となる「冬の糸」の記者会見に行ってみたので御報告!

まだ筆者も予告編しか見れていないので、細かいストーリー等は公式サイトの方の方を参照して下さい。

「冬の糸」(公式)http://www.alice-project.biz/movie/?id=12

(以下、アリスフィルムコレクション公式より引用)

寂れた漁村の冬。父子家庭で育った舞子(窪田美沙)は母親のように感じていた年の離れた姉 祥子(桜のどか)の逝去を前に、この半年間、まるで時間が止まったかのような日々を過ごしていた。家に閉じこもるようになった漁師の父(具志堅用高)とは対照的に、行き場を失った祥子の婚約者 泰行(杉浦文紀)は、失意の中で懸命に姉の故郷にしがみつき、海の男になろうとしている。やがて、そんな泰行に密かな想いを抱くようになっていく舞子‥。彼女は父に頼み泰行を連れて冬の海に船を出した。限りない喪失の中で希望の糸を紡ぐために‥。

監督:外山文治

キャスト情報

横山舞子(妹):窪田美沙   横山祥子(姉):桜のどか

千穂:坂本舞菜 優香:楠木まゆ 美紀:北村真姫

郷田真介:松木威人   村上泰行:杉浦文紀

横山清二(父):具志堅用高

具志堅用高さんが昔と変わってなかった件

筆者、超久し振りに具志堅さんに会ったのですが、全然昔と変わっていなくて驚きました。

今回「冬の糸」では”外山文治監督”の熱烈なオファーにより具志堅さんの出演が決まり、物語の中で大事な役割を演じています。

すでに「冬の糸」の撮影で和気あいあいな雰囲気は出来上がっていたので、まあ記者会見中もこんな感じです。

映画の方はまだ公開されておらず、筆者も予告編しか観ていないのでなんとも言えないのですが、7月21日(金)に8Fのグレースバリ秋葉原店でプレミアム鑑賞会が開催されるとの事ですので、楽しみにしてたらいいじゃない。

他にもちょっとした撮影秘話では

「お好み焼きを食べ過ぎて足りなくなりそうになった!」

とか

「この服、5万円の服なんですよ!」

とか、さして映画的には重要ではない感じのトークが繰り広げられ、いかんせんバラエティー色が完全に抜けきって(略

せっかくなので個別に撮ってみた

今回、いつもの私服よりも”オシャレ”だったり”微妙に季節感が違う”みたいな様子に違和感を感じたので聞いてみた所、本日は私服ではなく映画の衣装だそうです。

と、言う事で個々に需要があると思うので、個別に撮影してみました。

まあ、まだ仮面女子候補生しか撮りなれていないので警戒心が強く、このギクシャク感とか一周まわって逆に貴重だと思うので、お納め下さい。

窪田美沙

今回、映画初主演?となる”窪田美沙”さんです。今更筆者が説明する必要がないくらい可愛いのですが、映画の方はアイドルらしさ(可愛さ)を捨てて役者として演じたそうです。

オモチャのヒヨコを投げる際、意外な”強肩ぶり”を発揮したのは記憶に新しいでしょうか?

桜のどか

今回は舞子の姉の役を演じていて、わりとシビアな役回りだったようです。

大好きな外山監督の作品に出演出来たとの事でして、恐らく7月21日を一番楽しみにしているメンバーかも知れません。

坂本舞菜

まだ映画の方を観ていないので、どんな演技をしていたのかは謎です。

今のところは「お好み焼きを食べる人」くらいの印象ですので、本編を早く観てみたいですね!

あ、でも今日の衣装は若干、可愛いかもです。

楠木まゆ

まだ映画の方を観ていないので、どんな演技をしていたのかは謎ですが、今のところは「お好み焼きを食べる人B」みたいなイメージなので、本編を早く観てみたいですね!

本編の演技に期待してます。(ハードル上げ)

北村真姫

まだ映画の方を観ていないので、どんな演技をしていたのかは謎ですが、今のところは「5万円の服を着る女」みたいなイメージなので、本編を(略

でも普通に似合ってるので、今後は5万円で服を揃えたらいいと思います。

2017年7月21日のプレミアム鑑賞会を待て!

と、言う訳でさして興味はなかった筆者ですが、だんだん「冬の糸」が観たくなって来ました。

若干、お好み焼き5万円の服のせいでおかしな事になっていますが、映画はちゃんとしたストーリーですので御安心を。

是非、みなさんも7月21日(金)のプレミアム鑑賞会を楽しみにしていて下さい。

スポンサーリンク