御茶ノ水『三浦のハンバーグ』トリプルハンバーグが美味しかった件の是非@ランチにオススメ!

スポンサーリンク

『三浦のハンバーグ』@御茶ノ水店

東京都千代田区 神田駿河台2-6-15 2F

営業時間 11:00~23:00

定休日 無休

『三浦のハンバーグ』@Googleマップで表示

何気に安いぞ!『三浦のハンバーグ』

御茶ノ水駅と言えば昔は全然利用しなかったのですが、最近は新宿から秋葉原に行く時「あれ?御茶ノ水から歩いても同じじゃね?」みたいな事実に気付き、ここ最近は個人的に良く利用しています。

流石に昭和通りの向こう側に行くのなら素直に乗り継いで秋葉原駅で降りますが、御茶ノ水駅は小高い位置にあるので秋葉原へは下り坂でして、そんなに遠くないんですよね~

逆に、帰りは上り坂になるので100%秋葉原駅でFAですけども。

と、言う訳で個人的に”御茶ノ水グルメ”も有りかなと思った次第です。

『トリプルハンバーグ』(1500円)

昔はデカ盛りメニューもあった『三浦のハンバーグ』ですが、今はコチラの『トリプルハンバーグ』(150グラム×3個)が最高峰となります。

ほほう……なかなか肉々しいビジュアルじゃなかろうか?

ハンバーグ450グラムで1500円なら妥当な価格だし、この『三浦のハンバーグ』は”御飯大盛り、お替わり無料”(480円のランチ除く)みたいな神サービスがあるので、それを考えるとリーズナブルだと思います。

しかも『トリプルハンバーグ』には、それぞれに”目玉焼き、ベーコン、チーズ”みたいなトッピングもあるので、かなりの”お得感”があります。

「肉に肉ってどうなの?」感はありますが、何気にベーコンの塩気が、よりハンバーグの美味しさを引き立てます。

やはりチーズとハンバーグは相性抜群ですね!

ソースが3種類選べるので今回は”特製デミグラスソース、ガーリックしょうゆ、和風おろしソース”をチョイスです。

気になるハンバーグの方ですが、流石に値段相応で合い挽き肉かと思いますが、その分ジューシーさと言うか肉汁感はあります。

特にナツメグとかの香辛料感もないので、誰もが好きなハンバーグの味ですね。

ライスとの相性も抜群で御座います。

また450グラム1個よりも3種類のソースが味わえるのも魅力でしょうか?

これで御飯のお替わり自由なら、そりゃ若い人に人気が出るよねって感じでして、ランチのコアタイムはいつも満席です。

ちなみにハンバーグの下にポティトゥも隠れていました。

ご馳走様でした!

『三浦のハンバーグ』 総評

”味、ボリューム、値段”ともに揃って良好でして、そこら辺に関しては文句なしの『三浦のハンバーグ』でした。

しいて言うなら席と席がタイトな感じなので、両隣と同時に料理が来た場合、肘をコンパクトに折り畳まないと食べられ無い可能性は否めません。

筆者の場合、左側が壁でして、本来は右手にナイフで左手フォークみたいな食べ方ですが、左手がほぼ動かせないのでストレスが溜まりました。

まあ、ハンバーグを全部まとめてナイフで切ってから、右手にフォークを持って食べる手法でクリアしましたが、あまりに狭すぎるのは如何なモノかと存じます。

ま、都内は土地と言うか家賃が高いので、安い店なら仕方ない面もあるので、ここら辺は「席は狭い!」と認識した上で『三浦のハンバーグ』を賢く利用するのが正解だと思います。

ハンバーグ自体はイイ感じですので、是非みなさんも『三浦のハンバーグ』に訪れてみて下さい。

スポンサーリンク