秋葉原『春日』で”冷やしたぬき”を食べなきゃ夏が始まらない説浮上

スポンサーリンク

『春日』@秋葉原

東京都千代田区 東神田2-2-8

営業時間 11:15~15:00 17:30~20:30

定休日 日曜日

『春日』Googleマップで表示

『春日』で蕎麦喰った事ない人っているの?

神田を代表する蕎麦屋さんですが、何気に定食的な丼モノとかが神でして、筆者の大好きな店のひとつで御座います。

基本的には周辺で働くサラリーマンが良く利用しているイメージですが、こういう名店こそ若い人に訪れて欲しいんですよね。

『冷やしたぬき』(972円)

夏の始まりを告げるのは”冷やし中華”かも知れませんが、神田の夏を告げるのは『春日』の『冷やしたぬき』で御座います。

異論は認めません。

と、言う訳でしてコチラの一品、まさに神田の夏、江戸っ子の夏そのものでして、TUBEか『冷やしたぬき』かって話ですよ、お客さん。

まあ、さんざん江戸アピールをしておきながら、蕎麦ではなく”うどん”を食べる自由さ……あってもいいと思います。

いや、この『冷やしたぬき』に関しては”うどん”が合うと思うんですよね!

蕎麦屋なのにチャーシューってのも『春日』らしいと思うんですよね!

ちなみに気になる味ですが、普通に”うどん”的な何かでして、冷やし中華の様な酸味もないので、万人が食べて美味しいと思える一品だと思います。

チャーシューもいい仕事してますねぇ。

結構、ボリューム感もあるので暑い季節には”夏バテ防止メニュー”としても秀逸だと思います。

ん~……やっぱ『春日』は名店だよな~と思った次第です。

ご馳走様でした!

『春日』 総評

ま、蕎麦とかも食べているんですけど、1本の記事にまとめると写真が多すぎるので、ここは分ける方向で如何でしょうか?

とにかく『春日』の『冷やしたぬき』はメチャオススメですので、是非みなさんも食べてみて下さい。

スポンサーリンク