湯河原『にこり』で小田原系ラーメン的な”わんたんそば”とか@しあわせ中華そば食堂にこり

スポンサーリンク

『にこり』@湯河原

神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2丁目3-16

営業時間 11:00~15:00 18:00~22:00

(日曜日は11:00~22:00の通し営業)

定休日 火曜日

『にこり』Googleマップで表示

『飯田商店』のセカンドブランド?

正式名称は『しあわせ中華そば食堂にこり』とありますが、流石に長すぎるので省略するパターンで御座います。

ちなみに話題の『飯田商店』の流れを組むらしく、経営者は同じらしいです。

筆者の記憶だと相模原の『キリン食堂』で島崎氏と出会い、湯河原の『ガキ大将ラーメン』→『飯田商店』→『にこり』(ガキ大将跡地)みたいな流れだったような?

ちなみに相模原の『ガキ大将ラーメン』が閉店したタイミングと、湯河原店のオープンが近いのも関係あり?

まあ、筆者はラオタではないので、そこら辺は良く知りませんが大体そんな流れらしいです。

『わんたんそば』(900円)

ま、そんなこんなで『わんたんそば』で御座います。

特に『にこり』は小田原系ラーメンを謳ってはいませんが、ビジュアルを見れば意識している事は間違い無いと思います。

まあ、ある意味”小田原系ラーメン発祥の地”である湯河原ですので、これが一番”湯河原民”の好きな味とも言えるので、ラインナップに加えるのは当然と言えば、当然でしょうか?

豚骨ベースの醤油感溢れるスープ、そこに浮かぶラード感、三つ葉の存在感などなど、小田原系ラーメンのポイントを押さえた構成だと思います。

スープは完成度が高く、普通に美味しいと思いますね!

麺の方は自家製麺でして、これも『室伏製麺』の麺、すなわち小田原系ラーメンっぽい縮れの大きく入った平打ち麺で御座います。

若干、デフォルメされた感はありますが、スープと合わせて非常にイイ感じに仕上がっているんじゃないでしょうか?

そして!

気になるワンタンも具が大きく、包み方こそ違いますが十分に『小田原系ラーメン』を満喫出来ると思います。

ご馳走様でした!

『にこり』 総評

さりげなく美味しい”小田原系ラーメンインスパイア”として、万人にオススメ出来る『わんたんそば』で御座います。

まあ、『味の大西』で修行してないので、あえて小田原系ラーメンを名乗っていないのでしょうが、中身は十分に小田原系ラーメンかなと。

筆者の場合、湯河原であれば『味の大西本店』と、そこで働いていた人の『国味ラーメン』、小田原に行けば『いしとみ』もあるので、あえてインスパイアを食べる事もないのですが、ライトユーザーには『にこり』の方がベターかも知れませんね。

と、言う訳で普通にラーメンとして美味しいと思うので、是非みなさんも湯河原に訪れた際には『にこり』のラーメンを試してみて下さい。

スポンサーリンク