『新三陽』チャーハン大盛りがデカ盛りな件の是非@相模原市南区相模大野

スポンサーリンク

『新三陽』@相模大野

神奈川県相模原市南区相模大野6-9-29

営業時間 11:30~14:30 17:30~22:00

定休日 無休

『新三陽』Googleマップで表示

伝説のデカ盛り炒飯『新三陽』

相模原にはさしてデカ盛りジャンルがないと思われがちですが、実は昔から『新三陽』の”チャーハン大盛り”はヤヴァイと言われています。

ちなみに『新三陽』は1951年、すなわち昭和26年創業との事でして、相模原でも老舗と呼べる歴史があります。

そんな感じですので昔から食べ盛りの学生達を満足させる為に、盛りっぷりに特化した結果、相模原を代表するデカ盛り炒飯として認知されて来ました。

『チャーハン大盛り』(900円)

普通サイズのチャーハンなら500円ですが、大盛りですと900円……まあ、ベースの500円が安いとは言え、ほぼ倍額は一瞬躊躇う予感で御座います。

むしろ、普通に500円定食が”お得”らしいので、そっちを食べたい筆者です。

とは言え、サイトとして(ネタとして)人々の期待するのは『チャーハン大盛り』だと思うので、ここはプロのJOBとして任務を遂行するべきでしょうか?

結果、こんな感じの『チャーハン大盛り』です。

スプーンが大きいので小さく見えますが、コップの大きさを見ればボリュームが掴めますかね?

まあ、値段はほぼ倍ですが、量も倍になってそうなので良しとすべきでしょうか?

『新三陽』のチャーハンは普通で2合、大盛りだと4合らしいので、写真のボリューム感からすると、公称通りの米4合(約1400グラム)あるかないかって感じです。

それなりデカ盛りを食べ歩く筆者の肉眼で確認した感じ、少なくとも上ブレは無さそうですね。

チャーハンの具材となるのはチャーシューと卵……のみ?

スタンダードな”ネギ系”(玉葱でも可)が見当たりませんが、まあチャーハンには違いないのでキニナシナイ!

気になる味の方ですが、その色合い通りに醤油がちょいと利いていて、それなりにオイリーな仕上がりで御座います。

美味しいかと聞かれたら普通としか応えられませんが、中華料理におけるチャーハン自体の扱いは「白飯の替わり」みたいな立ち位置でして、こんなもんと言えばこんなもんです。

と、言う訳で具が少ないゆえに単調な味が続き、わりとマッハで飽きると思うのですが、添えられたザーサイが超塩っぱいので、コイツで味変しながら中盤以降を戦えば、勝利するのは難しくありません。

ご馳走様でした!

『新三陽』 総評

相模原のデカ盛りメニューとしてはレジェンドだったのですが、ワールドワイドな視点で見るとデカ盛りとしても普通、味の方も普通、ゆえにお値段も普通でして、あまり県外に向けてプッシュするのは難しいかもですね。

とは言え、恐らく今でも残るデカ盛りメニューとしては、相模原でも一番古いと思われるので、デカ盛り好きなら一度は食べてみるべきでしょうか?

あとデカ盛りよりも普通にサービス定食の方が人気がある事実……報告すべきでしょうか?

と、言う訳で相模原のレジェンド店ですので、是非みなさんも『新三陽』に訪れてみて下さい。

スポンサーリンク