居酒屋『宝』とか最高ですか?”冷たい肉そば”で締めてみた@山形県天童市

2017-09-18

スポンサーリンク

居酒屋『宝』@山形県天童市

山形県天童市東本町2-5-24

営業時間 17:00~23:00

定休日 日曜日

『宝』Googleマップで表示

天童ら辺で飲むなら『宝』じゃね?

言うほど天童ツウではありませんが、仕事柄その土地の美味しい店を見付けるのは得意な方でして、むしろ見付けられなかったら終了で御座います。

と、言う訳でネットでアタリを付けて適当にブラブラした結果、今宵はコチラの『宝』で一杯頂くことにしました。

夏ですので、まずは問答無用で生ビール。

お通し……なかなかイケてる予感がしてきます。

『かつおタタキ』(650円)

さて、美味しい”鰹のたたき”の定義とはなんでしょうか?

勿論、鰹本来の美味しさは絶対条件ですが、やはり店で食べるなら「薬味のボリューム感」が大事かなと思います。

鰹は薬味で食べてナンボな面もあるので、まず薬味がショボい奴はイケてません。

と、言う面で見ても『宝』はイケイケなんじゃないでしょうか?

さりげなく山形的な”だし”が添えられているのは高評価で御座います。

『珍味三点盛り』(500円)

刺身先行からの『珍味三点盛り』とか、どうでしょう?

飲み物はこのタイミングで生ビールから”赤兎馬”のロックに変更で御座います。

赤兎馬は芋焼酎でもスムーズと言うかクリアでして、個人的には刺身系にも合うと思っています。

無論、日本酒こそベストですが、通風予備軍ですので自重する可能性……あると思います。

”ホヤ酒盗、たこわさ、自家製塩辛”と、ほぼほぼオッサンが歓喜する布陣でして、これら珍味系は少量をちょっとづつ食べたいので、この3点盛りスタイルは嬉しいですね。

しかも500円……安いと思います。

”たこわさ”も市販のクソ甘い奴ではなく、ちゃんとしたワサビを使った美味しい奴でして、これは旨い!と言わざるを得ません。

そして東北来たらホヤでしょうって感じでして、ホヤの酒盗とかあったら絶対に食べるだろが感が半端ありませんね。

そして自家製塩辛の美味しさよ……これは酒が進みますなぁ。

『冷たい肉そば』(700円)

『帆立とタコのまぜごはん』(500円)との二択で悩んだのですが、営業時間的に両方は無理と判断、ここは『冷たい肉そば』をチョイスです。

これも天童市に来たら食べておくべき一品でして、カツオ節の出汁が利いた夏らしい一杯で御座います。

ん~……下手にラーメンで締めるよりも、コッチの方が体に優しいんじゃなかろうか?

こういう一杯がさらりと出て来る『宝』は、やはり名店かなと思った次第です。

ご馳走様でした!

『宝』 総評

良い居酒屋と言えば味は勿論の事、季節の一品、値段、接客、酒の品揃えや雰囲気等、全てをトータルして考える必要があると思いますが、この『宝』は全てにおいて満足出来る感じでした。

これだけ食べて飲んで3千円チョイだったと思うので、コストパフォーマンスも高めではないでしょうか?

そして一品、一品の丁寧さが味に繋がっている感じでして、非常に信頼出来る店かなと思った次第です。

と、言う訳で天童ら辺で飲むなら『宝』はベストだと思うので、是非みなさんも行ってみて下さい。(ま、地元の人はすでに通ってると思いますが)

スポンサーリンク