『天兵』のコダワリ天丼を食べてみました@神田須田町

『天兵』(てんぺい)@神田須田町

東京都千代田区神田須田町1-2

営業時間 11:30~14:00 17:30~21:00

定休日 土日祝日

『天兵』Googleマップで表示

スポンサーリンク

神田の名店『天兵』で天丼とかどうよ?

神田と言えば江戸っ子がチャキチャキとチャキる土地柄でして、蕎麦、寿司、天麩羅は昔からの人気メニューで御座います。

とは言え、時は大手外食産業が幅を利かせる昨今、もはや江戸っ子の心意気を受け継ぐ店はかなり減ってしまいました。

そんな中、コチラの『天兵』は初代が『天米』で修行し、その味を今も受け継いでいます。

と、言う訳で改めて昭和15年創業の『天兵』に注目してみたいと思います。

『天丼』(1250円)

どうでしょう?

ちなみに『天兵』のタレは創業以来の継ぎ足しでして、やはり老舗ならではの深い色のタレの存在感がありますね。

さらに材料も国産にコダワリがあって、冷凍物すら使わないとの事でして、やや値段が高めなのも仕方無いかなと。

ちなみに『上天丼』(2800円)とランチにしてはセレブ価格ですので、筆者的にはスルー案件です。

写真では分かりませんが、揚げ油には”カヤの実”から絞った超高級な油を使っているとの事でして、そこら辺も考慮すると1250円の価格も納得でしょうか?

気になる味の方ですが、確かに天麩羅自体が一味も二味も違うし、タレの深さと香ばしさは流石かなと思います。

味噌汁も昔ながらの”赤出汁”でして、大変美味しゅう御座います。

ご馳走様でした!

『天兵』 総評

まさにコダワリの店と言う感じの『天兵』でして、筆者も納得の味で御座います。

と、言う訳で人々の激しくオススメなのかと聞かれたら、そこら辺は微妙でして”納得”はするものの、本当に”満足”出来たのかと聞かれたら正直な答えはノーとなりますね。

ここら辺、筆者の財布が厚ければ「天兵、サイコー!」を連呼するかもですが、「天麩羅は庶民の料理だった」と言うわりには庶民価格と大きな隔たりがあるのは否めないでしょうか?

もっとも食材の高騰やコダワリの油ってのもあるので、味を一切妥協しなかった結果、今の『天兵』になっているので、それはそれでリスペクトですし、それが『天平』なのですからなんら問題はありません。

ただ筆者とは縁がないかなってだけの話でして、『天兵』の味が好きで通える人にとっては最高の店だと思います。

そんな感じで味に関しては文句なしの『天兵』ですので、みなさんも財布の方と折り合いが付いたら、是非とも訪れてみて下さい。