『支那そばや』相模原店で”醤油ワンタンメン”的なラーメンを食べた話@相模原

スポンサーリンク

『支那そばや』@相模原店

神奈川県相模原市中央区清新7-5-3

営業時間 11:00~14:30 18:00~20:00(月曜は昼のみ)

定休日 火曜日&第1、第3月曜日

『支那そばや』Googleマップで表示

今更ですが『支那そばや』ってどうよ?

ラーメンの街”相模原”とは呼ばれていますが、個人的には言うほどラーメンって感じではなく、しいて言うなら他には何もないので、とりあえずラーメンをフィーチャーしているって感じかなと。

と、言う訳で故アイワールド周辺の”相模原ラーメンゾーン”にある『支那そばや』ですが、何気に今までスルーしていた次第でして、我ながら今更感は否めませんが、町田と相模原はきっちり制覇しておきたいので、とりあえず紹介する方向でどうでしょう?

『醤油ワンタンメン』(900円)

そこは塩だろって自分でも思うのですが、醤油モチベだったのでここは『醤油ワンタンメン』1択で御座います。

どうでしょう?

個人的には好きなビジュアルでして、いつもガッツリ系ばかり食べてる訳じゃないぜってのを、今更ながらアピールしておきたい筆者です。

スープの方は名古屋コーチンの丸鶏とガラ、さらに豚ゲンコツを加えた動物系のスープですが、見た目の通り”あっさり系”の優しいスープでして、家系ラーメンに疲れたオッサンには有り難い感じです。

若干、アホみたいに濃い家系モドキのラーメンを食べ馴れていると、『支那そばや』のスープは物足りないかもですが、逆にラーメンばかりを食べない普通の人とか、逆にラーメンばかりを食べ過ぎるマニアにとっては、イイ感じのスープだと思います。

ちなみに塩も良いかなと思ったのですが、醤油だとネギが”九条葱”になるので、そこは醤油チョイスも正解ではないでしょうか?

九条葱感ありますよね?

そして気になる自家製麺は流石にラーメンの鬼、”佐野実”氏の味を受け継ぐだけあって、かん水にはコダワリの”内モンゴルかん水”を使用しているとの事です。

まあ、佐野さんは最終的には”かん水”に替わる何かを開発してた様な気もしますが、ここら辺の麺に対するコダワリ等は流石かなと思いました。

と、言う訳で細麺ながらも北海道産小麦の風味豊かな細麺でして、特に細麺好きにはオススメ出来る麺かなと。

最近は中太麺が主流になりつつあるので、自分好みの細麺を出す店を探すのは意外と難しいんですよね~

チャーシューは豚バラ肉を丁寧に巻いていて、ここら辺の仕事の丁寧さも”佐野実”氏の教えを忠実に守っているって事でしょう。

さらに!

ワンタンには豚挽肉に加え”静岡県由比町の生桜海老”も合わせていて、大変美味しかった事も報告しておきましょう。

ご馳走様でした!

『支那そばや』 総評

と、言う訳で書くのが随分と遅れた感はありますが、やたらとコッテリ系が集中する故アイワールドら辺では、やはりイチオシの『支那そばや』って感じでして、とくに”あっさり&細麺”のワードに惹かれる人にはマストかなと思います。

逆に、ブッ濃い目の塩っぱいギトギトラーメンが好きな人は、行くだけ無駄足になる可能性が高いので、そこら辺を踏まえた上で行くか行かないかを決める必要はあると思います。

ちなみに駐車場は2台分しかありませんが、近隣のコインパーキング等を上手く利用すればワンチャンあるので、よろしくお願いします。

是非、みなさんも『支那そばや』(相模原店)の美味しいラーメンを食べに行ってみて下さい。

スポンサーリンク