大つけ麺博大感謝祭『つけめん』の美味しさは500円になっても変わらなかった件@六厘舎

スポンサーリンク

『大つけ麺博大感謝祭』@新宿の大久保公園

9月28日~11月1日、11:00~21:00まで

(10月4日、11日、18日、25日は15:00まで)

料金 1杯500円(食べ比べサイズ)

(セブンイレブンの前売り券なら480円)

新宿大久保公園Googleマップで表示

平日言うたらハッピーアワーじゃね?

はい、と言う訳で今年も『大つけ麺博』の季節がやって来たのですが、今年は『大つけ麺博大感謝祭』って事でして、なんと1杯500円!、セブンイレブンで前売り券を買えば1杯480円で御座います。

ラーメンの食券は全て共通でして、5枚券を買っても割引がないのは痛い所ですが、まあ500円だからヨシとしましょう。

そして!

平日の11時~18時まで、『大つけ麺博大感謝祭』は”ハッピーアワー”としてアルコール的な何かが半額、半額になります!!

ま、18時までなので近隣で働く人ならワンチャンあるんじゃなかろうか?

ちなみに今回、筆者も例年であれば”ハッピーアワー”からスタートするのですが、今回は一日で9杯食べるってミッションがあるので、この日は軽くスルーします。

それがプロだべ?

『つけめん』(500円)

もはや説明の必要がない『六厘舎』(ろくりんしゃ)の『つけめん』で御座います。

何も足さない、何も引かない、まさに”つけ麺”としての完成形と呼べる1杯でして、さして並ばずに500円で食べられるとか、神イベントに感謝するしかありません!

まず、骨太なスープの仕上がりもイイ感じですが、やはり筆者的には『六厘舎』の美味しい麺に注目して欲しいと思います。

気になるボリュームの方ですが、横から見るとこんな感じでして、確かに容器の高さもちょいと低くなったので、麺量は確実に減っています。

それに合わせてスープも減っている訳ですが、特にスープ飢饉が訪れるでもなく、まったくもって不満のない量があるので安心して下さい。

チャーシューの方も規制がかかっているものの、どの店も限界ぎりぎりまで攻めていて、この『六厘舎』は厚めのチャーシュー1枚で勝負して来ました。

ちなみにメンマはスープの底に沈んでいるので、ちゃんと探し出してあげましょう。

まさに男気溢れる『つけめん』でして、これは必食ではなかろうか?

ご馳走様でした!

『六厘舎』 総評

まさに安定した美味しさでして、期待通りの『つけめん』を食べられて満足した筆者で御座います。

若干、ボリュームが減ってはいますが、元からラーメンに比べると”つけ麺”系は麺量があるので、ラーメンほど気にならない減量感かなと。

是非、みなさんも新宿の大久保公園で開催中の『大つけ麺博大感謝祭』で、『六厘舎』の美味しい1杯を堪能してみて下さい。

スポンサーリンク