大つけ麺博大感謝祭『手もみ醤油らーめん』の手揉み感とスープの美味しさ@麺や七彩

スポンサーリンク

『大つけ麺博大感謝祭』@新宿の大久保公園

9月28日~11月1日、11:00~21:00まで

(10月4日、11日、18日、25日は15:00まで)

料金 1杯500円(食べ比べサイズ)

(セブンイレブンの前売り券なら480円)

新宿大久保公園Googleマップで表示

改良された撮影用ブース

正式名称を”SNS映えする写真が撮れる場所”的な何かでして、どうせいつもと同じだろと思ったら、微妙に改良されていたパターンです。

どこら辺が変わったか分かります?

そうです、微妙に背景が変わって4種類になりました!

「で?」って言うのは無しでお願いするとして、そこまでコダワリのある写真を撮る人が居るか賛否が分かれる案件ですが、その様な場所を利用出来ると言う選択肢があるのは重要かと存じます。

『手もみ醤油らーめん』(500円)

『麺や七彩』と言えば、注文を受けてから麺を打つ”手打ち麺”が肝となりますが、さすがに今回は500円ですし「お客さんを待たせて行列を作っては駄目!」みたいなルールが制定されたので、その場で麺を打つってのは無しとなりました。

しかし!

その麺の美味しさは健在でして、注文が入る度に激しく手揉みを加えて、麺に強い縮れを入れるコダワリがあります。

今回、『大つけ麺博大感謝祭』はラーメンの基本、もとい”つけ麺”の基本である「スープと麺の美味しさ!」と言う原点に立ち返るって意味もあり、過度なトッピングを禁止するルールを設けましたが、まさにその答えがコチラの『手もみ醤油らーめん』では、ないでしょうか?

しっかりしたコクのある鶏ベース清湯醤油スープ、そこに合わせるコダワリの手揉み麺の美味しさよ……。

まさに”味で勝負!”を地で行く一杯でして、やはり『麺や七彩』も必食であると確信した筆者です。

ちなみにチャーシューの方ですが、こちらも規定内ギリギリの線を狙って厚さを調整し、チャーシューを2枚にする事に成功した模様。

ご馳走様でした!

『麺や七彩』 総評

いわゆる喜多方ラーメンっぽい麺が好きな人なら、間違いなくマストな1杯となる『手もみ醤油らーめん』でした。

いや……マジでこれら美味しいラーメンが500円とか、神過ぎるので何はともあれ『大つけ麺博大感謝祭』には行った方が良いと思います。

ぶっちゃけ、今回がコケたら次回からは850円とかに戻ると思うので、そう言った意味でも最初で最後かも知れないし、そうならない為にも多くの人が500円でラーメンをエンジョイする必要がある訳でして、ちゃんと500円でも黒字になるって事を立証する必要があるのかなと。

とりあえず何度も書いていますが、500円になったからと言ってクオリティー(美味しさ)を下げている店は皆無でして、主催者のモチベーションに呼応する形で、出店する側も赤字覚悟で全力勝負している感が良いですね!

と、言う訳で是非みなさんも1杯、とりあえず有名店のラーメン&つけ麺が、どんなもんかを試す体で良いので、『大つけ麺博大感謝祭』に食べに来て欲しいと思います。

スポンサーリンク