大つけ麺博大感謝祭『アハハ煮干つけ麺』の”煮干し with 背脂感”がキテる件@中華そばムタヒロ

スポンサーリンク

『大つけ麺博大感謝祭』@新宿の大久保公園

9月28日~11月1日、11:00~21:00まで

(10月4日、11日、18日、25日は15:00まで)

料金 1杯500円(食べ比べサイズ)

(セブンイレブンの前売り券なら480円)

新宿大久保公園Googleマップで表示

自動販売機のラインナップの件

今回、『大つけ麺博大感謝祭』と言う事で、ラーメンのトッピングにレギュレーションが設けられたり、1杯500円になったりと喜ばしい事ばかりですが、ここで悲報です。

「黒ウーロン茶が無いだ……と?」

まあ、メーカー的にソレが無いのは仕方ないのですが、”特保”すなわち特定保健用食品的なドリンク皆無とか、1日9杯食べる人にとっては死を意味します。

持ち込み完全禁止を謳うならば、自動販売機のラインナップに関しても『大つけ麺博』にふさわしい内容にすべきでして、今現在の構成はまったく持ってイケておらず、この自動販売機で何杯も食べろとか無理ゲーでして、今すぐ特保系の”お茶”を入れるべき案件で御座います。

みたいな感じで、自販機のラインナップを見直す事を進言したいと思いますが、如何でしょうか?

『アハハ煮干つけ麺』(500円)

今回の『中華そばムタヒロ』は”つけ麺”で勝負です!

まず、アハハとガハハの使い分けについて小一時間は問いたいのですが、気になるスープの方は”背脂煮干し”と言う事でして、煮干し系を軸にしながらも背脂でコクを与えた1杯でして、あっさり系と言うほどライトではありませんが、濃厚系とは違う絶妙な立ち位置の『アハハ煮干つけ麺』となっております。

今回、トッピングに関してのレギュレーションが制定され、デフォルトで今までの様なドカ盛りチャーシューは禁止されていますが、まあ普通のラーメン屋さんでもチャーシュー1枚って店もあるし、ボリューム感的にはそんな感じでしょうかね?

いかに、ここ数年の”大つけ麺博”のトッピングが過剰だったのかって事だと思います。

麺はどっしりした太麺ですが、背脂が加わるとは言えブリックス(粘度)は高くないので、スープの運びを考えると、もう一段細くするとか、平打ちにするとスープの運びが良いかなと。

とは言え、この麺も麺としては美味しいので、なんならスープはダイレクトに飲むって方法もあるので、そこら辺は各々が工夫する事でカバー出来るんじゃなかろうか?

つけ麺としては間違いなく美味しいので、とくに”あっさり系”なのを欲した場合、第一陣では有力な選択肢になると思います。

あと生タマネギのトッピングはナイスですね!

ご馳走様でした!

『中華そばムタヒロ』 総評

『アハハ煮干つけ麺』に関しては上記の通りでして、スープの運びを除けばイイ感じかなと思います。

言うまでも無い事ですが、結構みなさん1杯とか2杯って感じでボリューム感を掴もうとしていますが、つけ麺はラーメンよりも麺量があるので、そこら辺も考慮しないと思ったほど食べれないパターンになると思います。

あとは一番最初は軽いスープのラーメン、次に重めなラーメン、つけ麺でも濃厚かつヘヴィーな奴は後半戦に回すのもセオリーでしょうか?

かつ、その直前に気分をリフレッシュする為にライトなラーメンを頂いてから、ラスボス級の重厚な奴に挑むと、どちらも美味しく頂けるので試してガッテン!

と、言う訳で何杯目に『中華そばムタヒロ』を持って来るかは人それぞれですが、この『アハハ煮干つけ麺』も必食かと思うので、是非みなさんも『大つけ麺博大感謝祭』で食べてみて下さい。

スポンサーリンク