大つけ麺博大感謝祭『大津家』で本物の家系ラーメンなど如何でしょうか?

スポンサーリンク

『大つけ麺博大感謝祭』@新宿の大久保公園

9月28日~11月1日、11:00~21:00まで

(10月4日、11日、18日、25日は15:00まで)

料金 1杯500円(食べ比べサイズ)

(セブンイレブンの前売り券なら480円)

新宿大久保公園Googleマップで表示

『ラーメン』(500円)

言われてみれば横浜的な”家系ラーメン”って、あんまり『大つけ麺博』には出て来なかった気がするのですが、いよいよやって来ましたね!

『大津家』は当然、家系ラーメンとなる『ラーメン』で勝負で御座います。

まず、ラーメンイベントだとスープに海老とか蟹とか豪華な食材を使ったりして、ある意味”イベント限定ラーメン”みたいなのも少なくないし、それも『大つけ麺博』と言うか”お祭り”の醍醐味で御座います。

しかし!

そこに、あえて家系ラーメンと言う”普段使いのラーメン”で勝負に来る『大津家』のメンタルの強さはリスペクトでして、同時に横濱家系ラーメンのプライドを感じます。

と、言う訳で筆者的にも慣れ親しんだ味でして、この『大津家』には期待していたりして!

若干、丼が小さいので鶏油が多めに感じましたが、逆に家系の場合は「油多め」で食べる人も多いので、特に問題はないと思います。

500円では単価的に厳しい”ホウレンソウ”も入っているし、海苔もチャーシューも文句無しで御座います。

スープの方もしっかりと強火で炊き込まれていると思われ、どっしりとした重厚なスープに仕上がっていて、まさに家系ラーメンの味を提供しています。

しいて言うなら、今回はレギュレーションで麺量が減った為に、まさに麺飢饉が起きるジレンマがあるでしょうか?

家系ラーメン自体が麺もガッツリ、なんならライス必須くらいのラーメンでして、麺量が減ったわりにはスープの強さと言うか存在感はそのままですので、なんか物足りなく感じてしまいます。

ま、それが今回の趣旨でもある「1杯500円で食べ比べ!」ってシステムなのですが、家系ラーメンを欲する時は基本的に「ガッツリ食べたい」ってモチベーションで挑む訳でして、そのギャップと言うか心の隙間をどう埋めるかが難しいかもですね。

ご馳走様でした!

『大津家』 総評

と、言うものの『大津家』の『ラーメン』に関しては、それこそ麺量以外は文句無しでして、昨今の家系モドキとは違う本物の1杯を味わえます。

確かに家系ラーメンなら今食べなくてもって思う人は多いと思いますが、他のラーメンと食べ比べる事で、より一層”家系ラーメンの美味しさ”が見えて来るので、是非とも『大津家』の美味しい家系ラーメンを食べてみて欲しいと思います。

スポンサーリンク