大つけ麺博大感謝祭『伊勢海老の黄金塩ラーメン』の和風スープがキテる件の是非@きんせい

スポンサーリンク

『大つけ麺博大感謝祭』@新宿の大久保公園

9月28日~11月1日、11:00~21:00まで

(10月4日、11日、18日、25日は15:00まで)

料金 1杯500円(食べ比べサイズ)

(セブンイレブンの前売り券なら480円)

新宿大久保公園Googleマップで表示

『伊勢海老の黄金塩ラーメン』(500円)

大阪からの刺客『きんせい』が放つ1杯は『伊勢海老の黄金塩ラーメン』で御座います。

その名の通り伊勢海老を用いたラーメンでして、ベースとなるスープは「ナニワのダシ文化」を追求した和風スープとの事でして、『大つけ麺博大感謝祭』の第1陣では一番の淡麗系、もとい”さっぱり系”なラーメンとなっています。

雰囲気的にはラーメンの麺だけではなく、なんなら”うどん”すらもメチャメチャ美味しく頂けちゃう感じでしょうか?

んで。

とにかくスープに対するコダワリを感じる一杯ですが、何気に穂先メンマやチャーシューもイイ感じでして、地味に光る『伊勢海老の黄金塩ラーメン』かなと。

また、かなり薄くした平打ち麺の存在感は特筆すべき案件でして、関西風の出汁を彷彿させるスープとの相性も良く、実に上手くまとめられた一杯かなと思います。

ご馳走様でした!

『きんせい』 総評

どちらかと言うと海老感よりも、関西風の優しい出汁と言うか丸いスープが前に来る感じでして、油っこいラーメンに疲れた人にはマストな一杯かと存じます。

特にスープと麺のバランス感、これが500円とか『大つけ麺博大感謝祭』でしか食べられ無いと思うので、この機会を逃す手はありません。

と、言う訳であっさりしたラーメンを欲したならば、ほぼほぼ『きんせい』の『伊勢海老の黄金塩ラーメン』がハマると思うで、是非みなさんも食べてみて下さい。

スポンサーリンク