大つけ麺博大感謝祭『ウニのつけめん』のウニヂカラが半端ない件の是非@活龍

スポンサーリンク

『大つけ麺博大感謝祭』@新宿の大久保公園

9月28日~11月1日、11:00~21:00まで

(10月4日、11日、18日、25日は15:00まで)

料金 1杯500円(食べ比べサイズ)

(セブンイレブンの前売り券なら480円)

新宿大久保公園Googleマップで表示

『ウニのつけめん』(500円)

そして第1陣で一番注目されていると思われるのが、こちらの『活龍』ではないでしょうか?

まず”ウニ”って高級そうな響きに弱い人は多いと思うので、その時点で注目度は120%で御座います。

しかし!

ベースとなる濃厚鶏白湯スープのバックボーン在りきのスープでして、ウニと言う単語に惑わされてしまうと、『ウニのつけめん』の本質を見失ってしまう可能性……あると思います。

そこに合わせる国産小麦100%のチカラ強い極太麺、からの”釜焼き”と言うオールドスタイルにして至高の”釜焼きチャーシュー”の美味しさよ……。

これはトッピングで追加すべき案件でしょうか?

今回、チャーシューのボリュームに関してはどこも上限が決められているので、そう言った意味では「チャーシュー本来の美味しさ」が問われる『大つけ麺博大感謝祭』でして、「量よりも質!」みたいなひとつの答えが『活龍』にあると思います。

ま、とにかくウニの濃厚な美味しさも相当キテるので、やはり必食の1杯である事は間違いでしょう。

ちなみに極太メンマはスープの中に存在している事も、報告しておきたいと思います。

ご馳走様でした!

『活龍』 総評

どうしても”ウニ”ってパワーワードだけで簡単に人々は釣られてしまいますが、結果として『活龍』の『ウニのつけめん』を食べる事で幸せになる人が続出すると思うので、コレはコレで良いと思います。

個人的にはウニの向こう側にある”鶏白湯スープ”の美味しさに着目して欲しいし、釜焼きならではのチャーシュー(豚肩ロース)の美味しさも知って欲しいのですが、まあ普通の人は「ウニ、美味しかった!」みたいな感想で問題ないと思います。

と、言う訳で書くのが一番最後になっちゃったのですが、ぶっちゃけ『活龍』が一番並んでいると思うので、きっと大丈夫です。

是非、みなさんも『活龍』の美味しい『ウニのつけめん』を食べてみて下さい。

スポンサーリンク