『カフェ中野屋』で世界一美味しい紫色のスイーツとかどうよ?@東京都町田市

スポンサーリンク

『カフェ中野屋』@町田

東京都町田市原町田4-11-6 中野屋新館1F

営業時間 11:00~60組(120~130名)

定休日 不定休

『カフェ中野屋』Googleマップで表示

最新の整理券システム導入!

町田で一番の行列を誇る『カフェ中野屋』ですが、さすがに行列が鬼過ぎて周辺住民からの苦情が殺到し、結果として最新の整理券システムが導入されました。

まあ、ここら辺は店側の問題と言うか、並んでいる側のマナーの問題ですが、テレビで放映された後は100人を越える行列が出来るので、整理券システムの導入は時間の問題だったんじゃなかろうか?

多分、開店1時間前くらいから整理券を貰えるはずなので、まずは店内で整理券を貰って下さい。

ちなみにコチラ、どこら辺が最新なのかと言うと、QRコードを読み取ると待ち時間が分かるシステムらしいです。

ま、筆者はスマホじゃないので無意味ですけども……。

『紫芋のなんとか(略』

え~、サプライズ感を出したいのでメニューの写真とかNGですので、こんな感じですが何か?

いや、頑張って覚えたいのは山々ですが、あまりに長い商品名でして暗記するのは不可と判断、最初から”紫芋”だけしか覚える気はなかったと告白しておきましょう。

一応はモンブランのナントカみたいなニュアンスも入ってた気がしますが、構成的にはパフェ的な何かでしょうか?

相変わらず食べるのが勿体ないくらいの、豪華なビジュアルでして、さりげなく添えられたマカロンの赤も鮮烈ですが、紫芋よりも紫な色合いがフォトジェニックで御座います。

まあ、これだけゴージャスな盛り付けだと、パフェひとつを作るのに30分くらいかかっても仕方無いでしょうか?

いやいや、実際にはそこまで時間をかけたら溶けちゃうので、それじゃあどこに時間かけてんだよ感は否めません。

ちなみにこの器も意味があって、端の方から食べて行くと、3回くらい大きく味が変わる仕様となっていて、ただ見た目のゴージャスさだけではない盛り付けになっています。

気になる味の方ですが、そこは流石に『カフェ中野屋』でして、間違いない美味しさであると言っておきましょう。

料理と言うか中身に関しては文句無しの100点なのですが、その他の部分で色々と思うところがあり、結果として年に数回しか行かないってモチベーションで御座います。

まあ、並ぶのが大嫌いな筆者の意見でして、1時間くらい待つのが余裕な人にとっては最高なんじゃなかろうか?

とりあえず町田市民なら一度は食べるべきだし、なんなら相模原市民も食べるべきだと思います。

ご馳走様でした!

『カフェ中野屋』 総評

パフェもめっちゃ美味しいのですが、とにかく客捌きの悪さは相変わらずでして、その圧倒的な待ち時間にいつも「二度と来ねーよ!!!」と思うのですが、美味しいパフェを食べた結果、またリピートしちゃう自分が居る感じでしょうか?

今回も新システムが導入されたものの、わりと早い順番で回ってくるはずなので「11時に並んで下さい」と言われたものの、店内に入れたのは12:15分と言うね……。

そこからオーダーを取りに来るまでも10分くらい待つし、オーダーしてからも結構待つので、うどんとパフェ食べたら13:30を過ぎていたと言う罠で御座います。(空いている平日で!)

と、言う訳でパフェと言うかスイーツ的にはオススメなのですが、その為に3時間とか時間を作れる人にしか勧められない諸刃の剣でして、素人にはオススメ出来ない可能性……あると思います。

と、言う訳で相変わらずの行列&待ち時間ですので、半日くらい時間が作れる時に訪れてみて下さい。

スポンサーリンク