『透明湯らーめん楽や』の透明な塩ラーメンは絶対に食べるべき@町田

スポンサーリンク

『透明湯らーめん楽や』@町田

東京都町田市森野2-27-12 高成田ビル1F

営業時間 11:30~14:00 18:00~25:30

定休日 謎

『透明湯らーめん楽や』Googleマップで表示

イケてるけどイケてないラーメン特集

と、書いたら失礼ですけど個人的には結構イケてると思うんだけれども、過小評価されてる様な気がするかな~しないかな~みたいな、微妙な立ち位置のラーメン屋さんを、あえて当サイトでフィーチャーしてみたい。

そんなこんなで『透明湯らーめん楽や』でして、町田駅からちょいちょい離れているので、恐らく店の存在すら知らない人が多数居る可能性は否めません。

『塩らーめん』(600円)

こんな感じで、どうでしょう?

まず、個人的には他のラーメンを食べたかったのですが、何せ『透明湯らーめん楽や』ってくらいですので、透明感を優先した結果、一番シンプルかつ透明な『塩らーめん』にしてみました。

いわゆる”清湯スープ”と呼ばれる透明なスープですが、ここまで透明なのは珍しいんじゃなかろうか?

スープの方は鶏ベースとの噂ですが、個人的には豚骨も入っていると思います。

言うても、これだけの清湯スープですので、かなりの低温でじっくり煮出していると思われ、いわゆる豚骨感が低めなだけかと。(確証はないけども)

あとは野菜の丸みがあるので、そこら辺も加えていると思われ、中華風なスープと言うよりは、洋風なスープみたいな印象です。

塩ラーメンですので塩ダレもしっかりしていて、ちょいと塩っぱいと言う人もいますが、このくらいで無いと塩ラーメンはモヤっとするので、これが正解ではないでしょうか?

気になる麺の方はかなりの細麺ながらコシもしっかりしていて、このスープにはベストかなと思います。

で。

基本的にラーメンには胡椒もニンニクも豆板醤も加えず、素のまま食べる筆者でして、この『ギャバン』のホワイトペッパーも華麗にスルーしようと思ったのですが、ここまで露骨にマンツーマンで出されると、筆者も鬼ではないのでチョイと試してやろうかなくらいの気持ちが湧いて来ます。

結果!

いままでの大人しいスープが荒ぶると言うか、途端に味を主張してくる感じでして、これは確かに白胡椒は有りと認めざるを得ません。

昨今、とりあえず粗挽きの黒胡椒が良く出て来ますが、このスープには白胡椒こそベストだと思います。

ご馳走様でした!

『透明湯らーめん楽や』 総評

ちなみにランチタイムは”大盛り!またはライスサービス!”みたいな神サービスもあるので、多くの人がライスを最後に”おじや風”にしてエンジョイしているとも伝えておきましょう。

しかも『塩らーめん』が600円……これは行くか行くかの一択ではなかろうか?

と、言う訳で個人的にはレコメンドな『透明湯らーめん楽や』ですが、あまりブレイクする感じはなく、ほぼほぼ常連さんしか訪れない穴場的ラーメンになっているのが悔しいですね。

ちなみに夜1:30までラーメンを食べられるので、町田とか相模原ら辺で、そこら辺の時間帯に”さっぱりした美味しいラーメン”を欲したなら、この『透明湯らーめん楽や』こそベストですので覚えておいて下さい。

スポンサーリンク