『らーめん屋小川』の”中華そば”って美味しいよね?@相模原の富士見公園ら辺

スポンサーリンク

『らーめん屋小川』@相模原

神奈川県相模原市中央区富士見4-5-20

営業時間 11:30~15:00 17:00~20:30

定休日 月曜日(日曜祝日は昼営業のみ)

『ラーメン屋小川』Googleマップで表示

正直、書くの忘れてたパターン!

まあ、書いたつもりで書いてなかったとか、そりゃ700記事近く書いてればあるんじゃないでしょうかね?(他にも仕事で書いてるし!)

と、言う訳で後発となりましたが、ぶっちゃけ相模原で細麺を欲したなら『らーめん屋小川』(旧葉月)が安定でして、場所柄ちょっとマイナーですが、その実力は推して知るべしだと思います。

『鶏白湯塩らーめん』(800円)

そんな感じで、まずは『鶏白湯塩らーめん』でどうでしょう?

甲斐路軍鶏を使用した100%の鶏出汁と言う事でして、しっかりした軍鶏の美味しさが出ているスープです。

もっとも、昨今の超濃厚なブリックス高めなスープと違い、適度な濃度に納めているので、そこまで重くないのも好評価で御座います。

こちら、特筆すべきは塩ラーメンの定番”塩ダレ”ではなく、岩塩を直接スープで溶いたソリッドな仕様は注目だと思うのですが?

ま、ここら辺の丁寧な仕事っぷりは前からでして、長野県産の小麦を使った細麺の美味しさもあり、非常に満足度の高い1杯に仕上がっていますね!

相模原でもここまでレベルの高いラーメンを出す店は少ないので、この『らーめん屋小川』は要チェックだと思います。

『中華そば』(700円)

こちらの『中華そば』は元々、夜限定のラーメンだったのですが、ちょいちょい前から昼間も販売しています。

動物系ではなく羅臼昆布と煮干しを軸にしたスープでして、滋味溢れる美味しさがあります。

鶏白湯はある意味、好き嫌いが分かれやすいラーメンですので、こちらの『中華そば』の方が万人向けでは、ないでしょうか?

普段、さらっとラーメンを食べたい時にオススメの1杯ですね。

『醤油らーめん』(800円)

こちらは鶏白湯をベースにした醤油ラーメンで御座います。

ちなみに醤油は新潟県と兵庫県の物を使用するコダワリっぷりで、これまた渋い1杯に仕上がっています。

また、どのラーメンにも”生タマネギ”の微塵切りが加えられ、それがよりスープを美味しくすると同時に、麺に絡む事で味が膨らんでいます。

ん~……どのラーメンが一番と決められない感じですが、どれも美味しいので自分の好みでチョイスしたら良いんじゃないでしょうか?

ご馳走さまでした!

『らーめん屋小川』 総評

相模原は町田に比べると、それぞれの店が群雄割拠してると言うか、あちこちに点在している感じでして、なかなか全てのラーメンを把握するのは難しい土地柄かなと思います。

逆に言えば、それだけ美味しいラーメン屋さんを見つける楽しみがあるって事にもなるので、じっくりと腰を据えて開拓するのも一興でしょうか?

で、そんな相模原でもコチラの『らーめん屋小川』は、やはり細麺派にとっては最後の楽園とも呼べる穴場ですので、細麺好きなら迷わず訪れてみて欲しいと思います。

と、言う訳で是非みなさんも『らーめん屋小川』の、美味しいラーメンを食べに来て下さい。

スポンサーリンク