相模原『まんぷく』ラーメンに生クリームをトッピングしてみた結果!

2017-05-23

スポンサーリンク

『まんぷく』

神奈川県相模原市中央区 星が丘1-1-22

営業時間 11:30~翌2:00(日曜日は24:00まで)

定休日 月曜日

電話番号 042-755-5352

『まんぷく』Googleマップで表示

美味しいけれどもマイナーな『まんぷく』帝国の逆襲

割と古くから相模原に根付いている『まんぷく』でして、昔は本店(横山)の他に支店が存在していた過去も有り、そちらの店で『タンメン』を筆者もちょいちょい食べていました。

支店の方はさりげなくタンメン専門店になり、その後は消滅、相模原で一進一退の(略

と、言う訳でブレイクしてそうで不発弾、ラーメンは美味しいんだけれども、いまいち知名度も伸び悩んでいる『まんぷく』帝国の逆襲が始まりました。

『赤鬼ラーメン』(700円)

『まんぷく』の看板メニューと呼べる濃厚ラーメン『鬼ラーメン』を食べた事があるでしょうか? レギュラーの豚骨ラーメンに”モヤシ、チーズ”に加えて特製の”鬼ダレ”を追加した辛いラーメンです。

それの辛さを2倍にしたのが、コチラの『赤鬼ラーメン』なのです。(黒鬼は辛さ3倍!)

このラーメンは筆者も昔から好きでして、かなり辛いラーメンなのですが”チーズ”によって微妙に辛さが和らぐので、意外と辛さ的にはシンドクないと言う優れものです。

しかし、まあ『赤鬼ラーメン』ですと辛さも2倍ですので、それなりの辛さはありますね。

チーズが溶ける事でスープに乳製品のコクとまろやかさが加わり、モヤシに絡んだチーズが味気ないモヤシをグレードアップしてくれるので、発想としては正解だと思います。

ちなみに『まんぷく』のチャーシューは、ちゃんと専用の釜で”炙り焼き”にする本格派でして、チャーシューの美味しさは相模原でも群を抜いている点を、強調しておきたいですね。

『黒鬼ラーメン』(白トッピングバージョン)

と、まあ『まんぷく』にも『鬼ラーメン』みたいな尖ったメニューがあるのですが、なぜか相模原のMEN’Sにはイマイチ届かず、筆者的には結構好きな味なのですが、周囲の人間には響かなかった日々で御座います。

そんな中、ついに『まんぷく』のオヤジが動きました。

「シロトッピング始めました」

赤鬼、黒鬼と来て白鬼って事でしょうか? しかし、あくまでもメニューのベースラインに入るのではなく、あくまでも裏トッピング扱いらしいです。

しかし!

『まんぷく』の公式サイトの”裏ページ”で告知はしているものの、そのトッピングの存在を知っている人はほぼ皆無でして、まるでオーダーされない日が続きます(あくまで筆者の想像です)

そんなある日、ネタの一環として白トッピングにチャレンジしてみた筆者ですが、若いバイトの人に

「白トッピングで!」

と自信満々に言ったら、普通に「は?」みたいな対応をされ、バイト君が店主に確認しに行くと、満面の笑みで

「白トッピングですか!! 出来ます!!!」

と言う素早い反応と、「ついに勇者が現れた!」みたいな”期待と安堵に包まれたオヤジの顔”を未だに忘れる事が出来ません。

そんなに作りたかったのかよ……。

結果、まあ、こんな感じの写真でして、ラーメンの概念を覆すホワイティーなビジュアルは、新世代のスイーツを彷彿させる気品と美しさを備えています。

嘘です。

生クリームは乳脂肪分の割合が多いので、どんどんスープの熱で溶けて、数分後には地獄みたいな様相を醸し出して来ます……。

ちなみに味は意外と普通……。むしろ、「普通か!」みたいな突っ込みをせざるを得ないビジュアルとのギャップに、小一時間は味のコンセプトを問い詰めたい衝動に駆られますが、思った以上にオイリーな一杯ですので、万全の体調で挑んだ方が良いと思います。

今回、ベースが『黒鬼ラーメン』だったので辛さが中和され、結果的に良くなった可能性もあるので、意外と白トッピングは辛い方が映える可能性……あると思います。

個人的には、このくらい思い切ったラーメンは嫌いじゃなくてよって感想なので、とりあえず”相模原三大珍味”のひとつに制定したいと思います。

スポンサーリンク