『肉そばタンタン準急』なるラーメン屋さんがオープンしたので御報告@町田

スポンサーリンク

『肉そばタンタン準急』@町田

東京都町田市原町田6-20-3 あさのビル1F

営業時間 11:00~15:30 17:00~22:00

定休日 火曜日

『肉そばタンタン準急』Googleマップで表示

『肉そばタンタン準急』オープン!

2017年10月12日にオープンした模様、とりあえず町田の新店って事でサクっと行って参りました。

ちなみに店内はほぼほぼカウンター席でして、一応はテーブル席(2名用)もあるものの、数はないので期待出来ない感じでしょうか?

『肉そばタンタンピリ辛』(900円)

こんな感じで、どうでしょう?

とりあえず個人的には辛さも超辛口とか余裕だと思うのですが、まずはデフォルトの味をお伝えする必要があるので、まずは標準的な辛さで食べてみます。

あと、券売機の写真に具材が見当たらなかったので、尺が足りないと記事的に困るので保険として”肉”を欲してみました。

え~……とりあえず、どこら辺から行きますかね?

まず、見た感じのグラフィック通り、具がありません。

厳密には”餡かけ”的なのに挽肉が入っているので、それを具としてカウントすれば”具”になりますかね?

とは言え、どうもスープを取った挽肉の様で、肉の旨味が薄い為、筆者的にコレは具としてカウントするかは微妙と判断します。

んで。

その分だけ餡の方にはスープ感と言うか旨味もあるのですが、いかんせん味に変化がないので後半は飽きてしまう可能性……あると思います。

ちなみに、対策として卓上には酢がありますが、ちょっと餡がライトな感じなので酢が合うか微妙と判断、軽くスルーしてみました。

麺は普通に中華麺って感じで、カウンターに書いてある通り、早い段階でほぐさないと地獄を見ると思います。

しいて言うなら保険をかけた”角煮”的な何かが美味しかったので、これで後半戦を戦う事が出来ました。

若干、本格的な角煮なので八角の風味もちょいとあり、そこら辺で賛否が分かれるかもですが、筆者的には凄く美味しい角煮でした。

ご馳走さまでした!

『肉そばタンタン準急』 総評

ラーメンのコンセプトとしては面白いしオリジナリティーがあるかなと思うのですが、やはり具が無いのは頂けないかなと。

よしんば、挽肉の方にガッツリ肉感が残っていれば良いのですが、実際には旨味が出ちゃった挽肉なので具としての有り難さは薄いです。

この餡かけならタケノコとか椎茸とか、いくらでも合いそうな具材はありそうなのですが、それらがオプションも含めて一切ないのは魅力に欠けるかなと。

筆者なら細切りのタケノコ、椎茸、溶き卵くらいは加えたい所ですね。

ま、そこら辺は分かっていて、あえて具無しで勝負に来たと思うのですが、そこまで勝負出来る味なのかと言われると、賛否が分かれる案件だと思います。

今回は辛くしてないので結論を出すには早いのですが筆者の感想は、やはり後半飽きて来るので肉を追加するか辛くするのがオススメで御座います。

まだオープンして間もないので、今後もあれこれ変更点が出て改良されると思うので、定期的に観測してみようかなと思います。

ちなみに同じ感じのラーメンなら小田急線の相武台駅ら辺にある、『中華龍太郎』が筆者の好みですかね?

以上です。

スポンサーリンク