『スリーリトルエッグス』噂のオムライスを食べに行ってみたのです@町田

スポンサーリンク

『スリーリトルエッグス』@町田東急ツインズ店

東京都町田市原町田6-4-1 町田東急ツインズイースト8F

営業時間 11:00~23:00

定休日(町田東急ツインズと同じ)

『スリーリトルエッグス』Googleマップで表示

たまにはインスタ映えしたい俺がいる

そもそもがInstagramってパソコンじゃ写真を投稿出来ないのですが、とりあえずソレっぽい写真をたまには撮ってみたいのです。

と、言う訳で今回は”滅多に行かない、行く用事がない、むしろ必要とされていない”みたいな超アウェーとなる”東急ツインズ”に行ってみた次第です。

んあ~……もうデパートとか行かないんで、この空間からして無理ですわ。

素朴な疑問なんですけど、こういう場所って家賃とか月何百万円なんでしょうかね?

みたいな事まで考え始めると、無駄に高い料理を食べる必要が本当にあるのか小一時間コースですが、時にはあえて苦手な分野に踏み込むチャレンジ精神が大事かなと。

んあ~……なんか水に葉っぱ入ってますわ。

ってか、そっちよりもグラスを大きくして頂けると幸せになれるのですが……。

『クラシックデミグラスソース』(1130円+税)

多分、豚カツとか乗せたら豚カツの話しかしない予感がしたので、ここはストイックにシンプルなメニューにしてみました。

こちら、Sサイズですと980円ですが、流石にSは寂しいので150円足してMサイズにしてみました。

まず、今回のテーマは”フォトジェニック”なので、細かい事とか味は全部スルーしようと思っていたのですが、ちょっと女将を呼びたい気分なので、小一時間始めます。

ま、器がズレてしまうのはヅラがズレてしまうのと同じくらい、仕方ない事なので目を瞑りましょう。

なんなら自分で直しても良いのですが、器がアッツアツになっているので素手で触るのは危険と判断しました。

なお、この時点でInstagramに筆者が向いてない事実を、冷静に受け止めたいと思います。

とりあえず見た目、「ドレスをまとった(略」と言うよりは、いわゆるドレープスタイルのオムレツ、もといオムライスでして筆者的にはフーンってくらいの感想です。

んで、細かい事なんで書かなくても良いんですけど、もしかして生クリーム落とすの忘れてます?

ま、それは100歩譲るとして、このデミグラスソースのシャバい感じは、如何なものかと存じます。

ちょっとくらいでしたら華麗にスルー出来るスキルはあるのですが、ここまでシャバい、もといシャバシャバですとソースのなんたるかを小一時間は語りたくなりますね。

ちなみに今回、非常にシャバいデミグラスソースで死を覚悟したのですが、無料のチーズトッピングをMAXにしておいたので、どうにかソースのコクはギリ足りたかなと。

気になるライスの方ですが、本当に気になります?

一応、書いておくと”特製バターライス”との事でして、このバターライスに関してはそこそこ美味しかった事を報告しておきましょう。

ご馳走さまでした!

『スリーリトルエッグス』 総評

正直、オムライスを食べに行ったと言うよりは、ただただ写真を撮りに行った感がある様な無い様な予感ですが、そういう店だと思うんでそれはそれでいいじゃない。

いや、マジで美味しいオムライス求めたなら他に行くし、恐らく店側も純粋にオムライスの美味しさを追求したと言うよりも、ぶっちゃけ写真写りを欲してると思うので、お互いに割り切って利用する感じでいいと思います。

ま、確かに不味くはありませんが基本サイズがSサイズでして、最初から女子層向けにセットしているので男子的には無しですかね?

そこに男子が行けば、普通にMとかLサイズにして「高けぇよ!!」みたいな逆ギレパターンが予想されるので、もはや完全に別ジャンルとして捉える必要があるんじゃなかろうか?

ってか、ライスの量を”おむすび”で例えられても、その”おむすび”のボリューム感って何基準だよコラって思っちゃいました。

ちなみに味的にはチェーン店のオムライスとイイ勝負だと思うので、筆者的に語る要素は皆無で御座います。

とは言え、とりあえず1回くらいは写真を撮って自慢したくなるソレっぽいビジュアルは評価出来ると言うか、ソッチ方面に特化した店だと思えば納得ですので、是非みなさんも1回くらい食べに行ってみたらいいと思います。

スポンサーリンク