【有吉ゼミ】超激辛ラーメンに挑戦したみた結果……@相模原DOA【エグザイル】

『拉麺一匠』(DEAD or ALIVE)@淵野辺

神奈川県相模原市 中央区淵野辺3-16-2

営業時間 11:30~23:30 日曜祝日 11:30~21:00

定休日 月曜日

電話番号 042-711-7550

『拉麺一匠』Googleマップで表示

相模原最凶の激辛ラーメンですと?

筆者、なんだかんだで辛いのは苦手じゃないのですが、あまり辛さを求めてエスカレートすると、やはり微妙な味に疎くなるかなと思うので、個人的にはあまり食べません。

ですので愛する『蒙古タンメン中本』もヒヤミをノーマルで食べるに留めていて、辛さを増したりしないのです。

と、言う訳で今回も見て見ぬ振りでスルーしようと思ったのですが、今後も定期的にテレビとかに出そうなので、テレビ特需狙いで『朝天麻辣白湯麺HADES』に挑戦してみました。

とりあえず……凄く辛いらしいですよ?

くらいの知識しか無かったのですが、仮にも『蒙古タンメン中本』を愛すると言った手前、後には退けない予感で御座います。

『朝天麻辣白湯麺HADES』(1480円)

こちら、チャレンジメニュー的な何かとしてもやっていて、店員さんにチャレンジする旨を申告して挑戦し、20分以内にスープや具も残さず完食すると無料!

しかも次の『朝天麻辣白湯麺 真HADES』への挑戦権が貰えます。

ま、何はともあれコイツをやっつけてナンボの話でして、食べてから語っても遅くはないでしょうか?

とりあえず……唐辛子がエグいw

絶対、完食させる気がない唐辛子感に開いた口が塞がりません……。

「大丈夫だ、問題ない。」

『蒙古タンメン中本』で慣らした筆者にとって、この程度の唐辛子は茶番でしかなく、どうと言う事はありません。

嘘です。

こんなに大量の唐辛子食べれるかボケが!!!

いや……これは軽く混ぜた段階だと「行けるかな?」みたいな希望もありますが、それは甘いですね。

とにかく粉状の唐辛子が呼吸器官に入ると、大幅なタイムロス&体力&気力の損耗になると判断、最初から粉が見えなくなるまで混ぜてみました。

すると、どうでしょう?

さっきまでの食べられそうな麺が、途端に地獄の釜の蓋を開けたくらいの無理感が漂う物体になりました……。

「こ、これはアカン奴や……。」

とは言え、これも想定の範囲内でして、とにかく最初に麺をやっつける事にします。

まず、心が折れた時に麺が残っていると逃げに回ってしまうと思うので、まずは麺と具を全部やっつけます。

次に残ったドロドロの唐辛子をレンゲですくって、口の中にぶっ込みます。

多分、9~10回ぶっ込んで飲み込めば無くなるはずです。

最後、唐辛子の親分みたいな固形物をバリバリと食べて完食で御座います。

ご馳走さまでした!

『朝天麻辣白湯麺HADES』 総評

すでに完食する為のタクティクスをガッチリ組んでいたので、最初から完食するビジョンしかありません。

もっとも、辛さよりも猫舌なので時間的にどうかな?って不安はあったのですが、スープが少ない”汁なしスタイル”だったので熱さ的にも最初の方だけでしたね。

ぶっちゃけ、イメージとしては麻婆豆腐のトロミを片栗粉ではなく、唐辛子だけでトロミを出したみたいな感じでして、もはやラーメン感は皆無です。

結構、唐辛子の親分は辛いので最初に食べると危険だと思い、一番最後、口が麻痺しても完食になるところまで手を付けなかったのが、功を奏したと思います。

ま、良く考えたら今まで生きて来て、辛くて食べられなかった料理はひとつも無く、なんだかんだで全戦全勝のエリートですので、この『朝天麻辣白湯麺HADES』も完食して当然って感じでしょうか?

辛さは味覚と言うか痛覚みたいなもんなので、辛いの好きな人は基本的に”ドM”である事も報告しておきましょう。

とは言え、普通の人は多分、麺を食べ終わった時点で終了となると思うので、完全に食べきるビジョンが無い人は、普通のラーメンを食べた方が良いかなと。

あと、腸内の善玉菌が全滅するので、食後は牛乳を一気飲みして内臓の保護、さらに家に帰ったらヨーグルトで腸内のケアをするのは必須かなと。

他にも、確実に翌朝はトイレの妖精になると思うので、自分の末端器官にグッバイする勇気は必須でしょうか?

是非、みなさんは「20分で完食したら無料だぜ!ヒーハー!!」とか思わないで、普通のメニューを美味しく食べてみて下さい。