『0円餃子』でランチしたら971円取られたで御座るニンニンの巻@相模原市淵野辺【閉店】

『0円餃子バル・フチノベ』@淵野辺

神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-12-10

営業時間 11:30~14:00 17:00~24:00

定休日 無休

『0円餃子バル・フチノベ』Googleマップで表示

スポンサーリンク

「餃子が0円ですと?」

いつもJR横浜線に乗る度に気になる「0円餃子」の看板でして、行くか行くまいか悩んでいた筆者で御座います。

いや、流石に0円は潰れるだろと思っていたので、頑張って書いても無意味かなと。

と、思っているうちに夏が過ぎ、秋になり、未だに「0円餃子」の看板を掲げ続け、流石にコレは軽視出来ないかなと思い始めたタイミングが、今でした。

『牛カルビ焼きじゃぶビュッフェランチ』(999円)

そもそもが、どういうシステムで餃子が0円なのかが謎ですが、訪れてみた所「ランチは1皿、夜はドリンク1杯で1皿」がサービスされるみたいなシステムかなと。

とりあえず狙いはビュッフェの食べ放題と餃子ですので、キャンペーンで100円引きの『牛カルビ焼きじゃぶビュッフェランチ』にしてみました。

まず、ランチを注文すると餃子の数を聞かれ「ファッ!」ってなった筆者ですが、良く分からないので10個にしてみました。

てっきり1皿の5個かと思っていたので、数を指定するのは想定の範囲外で御座います。

逆に、町田で飯喰ってなければ20個とか可だったかもですが、まあ餃子の味も分からないのに20個も冒険ですので、10個はある意味ベターな数字ではないでしょうか?

ここら辺、システムが良く分からないのですが、店の方もそれなり迷走と言うか試行錯誤してるっぽいので、このシステムが固定されるかすら謎で御座います。

んで。

とりあえずビュッフェを攻めようと思った結果、こんな感じになりました。

いや、だってそんなに気になるメニューが無かったので……。

ここら辺、オープン直後だともっと色気もあるのかもですが、現状ですとコレでいいかな?ってモチベでしたね。

ま、揚げタコ焼きって希に食べると美味しいし、ほうれん草は有り難いですからね。

で、”牛カルビ焼きしゃぶ”が来ました。

……。

ま、まあ餃子モチベで訪れているし、ぶっちゃけお腹いっぱいなので今回はスルーしますが、もしも牛カルビに夢見ていたら100%女将を呼びたくなる案件でしょうかね?

いや、ちょっとしたラーメンに入ってるチャーシューの方が、肉としては量が多い可能性も否定出来ません……。

とりあえず”しゃぶしゃぶ”なのか”焼肉”なのかって話ですが、軽く湯通しした肉を、鉄板の余熱で焼き付ける的なメニューでした。

まあ、これで白飯を食えと言われたら小一時間案件ですが、ビュッフェにはカレーもあるので、今回は華麗にスルーしておきましょう。

で、その後”餃子”が運ばれて来ました。

なんでも焼きたてにコダワリがあるらしく、1度に10個ではなく5個づつサーブするっぽいですね。

ま、その方が食べ残しも少なくなると思われ、焼きたてが食べられるので文句はありません。

気になる餃子の味ですが味的には普通に美味しいので、後は数で勝負したらいいと思います。

その後、再び5皿が運ばれて来た時に「餃子のお替わりは如何でしょうか?」みたいな感じだったので、今のシステムだと餃子がお替わり出来るっぽいですな。

で、カレーモチベじゃないんですけど、カレーをスルーすると怒られそうなので、一応は食べてみました。

業務用カレーがベースと思われ、そこまで褒め称える要素は有りませんが、肉も入っているし、食べ放題なのでディスる要素は皆無で御座います。

ご馳走さまでした!

『0円餃子バル・フチノベ』 総評

牛カルビを夢見て行くと発狂すると思いますが、餃子が沢山食べれて、カレーと御飯が食べ放題ですので、そこら辺狙いでワンチャンあると思います。

特に「餃子ライス至上主義者」にとっては天国ですので、今のシステム(餃子沢山食べられるシステム)なら行くべき店かなと。

牛カルビとビュッフェは期待せず、餃子狙いの店としてなら激しくオススメ出来る案件ですが、システムが不透明な点(公式には餃子食べ放題を謳っていない)とか、今後も迷走を続けそうな予感ですので、今の所は保留って感じでしょうか?

ちなみに店員さんのオーラから察するに、餃子15~20個くらいなら「え?」って言われないと思います。

ま、お替わり出来るっぽい雰囲気ですので、最初に10個とか15個で、足りなかったら追加するのがスマートかなと。

あと、夜はバーと言うかチャージ(席料)無しの居酒屋営業でして、コチラはドリンク1杯(アルコール類限定?)で餃子1皿(5個)は確定っぽいので、ハイボールないしレモンサワー辺りで刻むと神コスパを実現出来ると思うので、帰りに軽く一杯やるにはナイスな店かと思われます。

と、言う訳で最終的には税込み971円払ったものの、餃子もカレーも堪能したのでランチ的には満足で御座います。

是非、みなさんも『0円餃子バル・フチノベ』の餃子を食べてみて下さい。

(すでに閉店済みとの事です……やっぱりか)