バンコクでまさかのデカ盛りラーメンに挑んだ結果@『グランドラーメン旨い』プロムポン

『THE GRAND RAMEN UMAI』@プロムポンら辺

6/1 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間 11:00~23:30

定休日 月曜日

『グランドラーメン旨い』Googleマップで表示

バンコクで旨いラーメン屋を探せ!

ま、当たり前なんですけども日本で美味しいラーメンばかり食べていたので、今更海外(タイ)で美味しいラーメンを探せっちゅう方が無理でして、かなりの妥協を強いられる日々で御座います。

ってか、むしろ「ラーメンとか食べても美味しくないんだから、日本に帰るまで食べなくて良くね?」と思うのですが、諸事情により食べたり食べなかったりする訳です。

んで。

そう言った意味では個人的にバンコクのラーメンに関して否定的なのですが、あえて美味しいラーメン屋を挙げろと言われたら、コチラの『グランドラーメン旨い』を推したいと思います。

わりとテーブル席を主体としたファミリー向けの軟派なラーメン屋、もといラーメン居酒屋が多いバンコクにおいて、カウンターを主にした硬派なスタイルは店主のヤル気を感じられます。

プロムポンの駅から歩いて5分くらいの距離で、裏のストリートはマッサージ屋が密集しているゾーンでして、そこら辺を歩いてみるのも一興で御座います。

『旨い辛味噌チャーシュー麺』(199バーツ)

とりあえずメニューを見て考えた結果、バンコクのラーメン屋は意外とチャーシューが美味しいのでココはチャーシュー麺が正解、かつコッチのラーメンはスープが軽い傾向があるので、あえて辛味噌的な何かをオーダーしました。

注文してから気が付いたのですが、どうやら”ビッグサイズ”(ラーメン全部300バーツ)みたいなのもあるらしいですね!

「あ~、どうせならBIGにしときゃ良かったかも~」

そんな風に考えていた時期が僕にもありました……。

結果、こんな感じの『旨い辛味噌チャーシュー麺』で御座います。

マジか……めっちゃテンコ盛りやんけ……。

え、これでレギュラーサイズなのに、BIGとかコッチのカラフルな丼になる訳?

無理ゲーでしょw

ってか、レンゲの刺し方に関しても思うところがある筆者です。

とりあえずグラフィックを見れば一目瞭然ですが、あえて言おう!

「すでにスープが辛いんちゃいますか?」

普通、コレ系は”辛味噌”を溶いてから辛くなり、味の変化を楽しむのがオツなんですけども、スタート地点で辛いとか激辛メニューでしかない可能性……あると思います。

とはいえ、コチラも数多くの激辛料理を食べて来たプロですし、仮にも『蒙古タンメン中本』を愛する筆者ですので一歩も引く訳には参りません。

とりあえず……肉ヤベーなw

このヘヴィーな肉の塊……非常に好感度UPなのですが、先程マックで『ダブルビッグマック』とコーラXLサイズを頂いたばかりの筆者にとっては地獄、もはや素直に感動出来ません。

ちなみにチャーシューと言うか豚は美味しいので、味的にもボリューム的にもナイスである事を報告しておきます。

つまり、後はコッチ側(食べる人)のメンタル的な問題でしょうか?

圧倒的な肉、肉、肉を前にして手が震えて来た筆者に、さらに悲報で御座います。

「麺が持ち上がらないだ……と?」

箸が細いってのもあるのですが、この麺の重量感……もしや丼の中が麺だらけポロリもあるよの『焼肉はせ川』のラーメンと同じ状態である可能性が濃厚で御座います。

ゆえに箸で麺をリフトしても、あまり上がって来ませんw

あと麺が長過ぎるっちゅうのもあって、非常に食べにくい感は否めません。

ちなみに筆者の感覚ですと麺は3玉、茹で上がり600~650グラムかなと。

そして!

スープの辛さはリアルにタイを実感させてくれますね……。

いや、見た目そうでもなくもない感じですけども、タイの唐辛子って韓国のよりも3倍、ないし5倍くらい辛いんです。(マジで)

しかもタイは普通に唐辛子の種ごと使うので、その辛さは『蒙古タンメン中本』をも凌駕すると思われ、明日の私の末端器官のコンディションが不安でなりません……。

唯一の救いは茹で玉子の存在でしょうか?

コイツで一瞬だけ辛さをリセット出来るので、いいタイミングで投入したいと思います。

なんだかんだと文句を言ってる様ですが、逆に二郎系のボリューム&中本のウマ辛さを一杯でエンジョイ出来ると思うと、非常にナイスなラーメンではなかろうか?

ちなみに最後の最後でステーキみたいなサイズの肉が出て来て死を覚悟した筆者ですが、ここで食べ残すのもポリシーに反するし、日本人としてホップ・ステップ・玉砕の精神で食べ切りました。

これで199バーツ(700円くらい)は神コスパでして、非常に満足度の高い一杯ですね!

ご馳走様でした!

『グランドラーメン旨い』 総評

なかなかバンコクには無い”デカ盛りの店”として、この『グランドラーメン旨い』をイチオシしたい筆者で御座います。

メニューにはカレーとかもあって、そちらも盛りはゴイスーですので注意して下さい。

っていうか、筆者がレギュラーサイズで瀕死になるとか、BIGサイズのボリュームは『ラーメン二郎』の大ブタをも超えるんじゃなかろうか?

気になる味の方ですが、スープ自体はややライトな印象ですが、麺上げしてるオッサンの目がマジだったのと、平ザルでちゃっちゃと湯切りしてる様は高評価です。

そして!

値段も安いしボリューム満点、ラーメンを食べて満足して貰おうと言う意気込みを感じられる店ですので、今後の期待も含めて推してみた次第です。

ちなみに平日のランチは99バーツ(330円くらい)で食べられるラーメンもあるので、コスパに関しても抜群かなと。

と、言う訳でバンコクでラーメンを語るなら、この『グランドラーメン旨い』は外せないと思うし、デカ盛り系を欲したなら『グランドラーメン旨い』一択だと思うので、是非みなさんも食べてみて下さい。