『タコス&サルサ・メキシカン・バー&レストラン』店名長い店でブリトー食べた@バンコク

Tacos & Salsa Mexican Bar and Restaurant

21/3 Sukhumvit Soi 18, Khwaeng Khlong Toei, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

営業時間 11:00~23:00

定休日 ほぼ無休

『タコス&サルサ メキシカン』Googleマップで表示

スポンサーリンク

タイで外国の料理を食べる意味とは?

まあ、あっしら日本人にとってはタイな時点で外国だし、タイ料理はもろに外国料理なのですが、あえて言おう!

「タイ料理ってそんなでもないんじゃね?」

確かにパッタイだのカオマンガイだの言いますが、言うほどタイ料理って欲しないよね?

言うだけですよね?

そんな感じの筆者ですので、個人的にはタイに行ってタイ料理ばかり食べる気にもならないし、そこまでタイ料理を極めようってモチベーションではありません。

とは言え日本食は有り得ないし、ハンバーガーも連チャンはツライので、なんとなくノリでメキシコ料理店に行ってみました。

『チキンブリトーなんとか』(ビール込み1500円くらい?)

まず、ノリで外国人だらけの店に一人でホイホイ入れるかって所からですが、筆者の場合はいつも日本人が居ない店しか行ってない系ですので、なんら問題ありません。

どうでしょう?

日本でもメキシコ料理は食べられますが、なんかチョット違うと言うか、小洒落た感じにまとめて量が少ないイメージしか無いんですよね!

と、言う訳で筆者が欲するメキシコ料理は、こういうガッツリ系のボリューム&ビジュアルでして、あえてタイと言うかバンコクで食べる意味があるって訳ですよ。

メニューの写真が見当たらないのですが、確かブリトー的な何かをチキンでオーダーし、シンハー(ビール)を付けてサービス料10%、VAT7%込みで450バーツとかくらいでしたかね?

とにかくブリトーって言うと軽食なイメージですが、コチラはソースもたっぷり、肉もゴロゴロ入っているし、何故かライスまで付くと言うボリューム感溢れる感じで御座います。

っていうか、筆者目線でも大盛りな予感でして、女子一人だったら難しい量かもですね。

ちなみにソースはトメィトゥ的な何かとカレー味かなと思ったら、キドニービーンズ?の豆ソース的な感じでして、日本人的には微妙な味わいです。

日本人に分かりやすく言うと「甘くないこし餡」みたいなテイストでして、豆を食べまくるメキシカンテイスト溢れる一品では、なかろうか?

ま、その微妙な味わいがローカルと言うかメキシコの味って事で、逆に日本人向けにチューンしてない料理を頂けるのは嬉しい限りですな。

ソースの豆感に馴染めなかった筆者ですが、食べ進んでいるうちに「ま、こんなもんかな?」みたいな納得感が広がりました。

こんくらい適応力が高い人種だと、外国に行ってもエンジョイ出来るんじゃなかろうか?

気が付いたらすっかりメキシコの味にハマっている、自分が居るよね~

ご馳走さまでした!

『メキシカン・バー&レストラン』 総評

正式名称が長すぎるので適当に店名を省略したり、メニューの名前や値段を忘れる感じですが、あえて言おう!

「どうせ誰も読んでないから問題ない!」

ま、ほぼほぼ自分の為のアーカイブとして、自分がタイに行った時の為の記録みたいな感じですので御了承下さい。

とは言え、バンコクのアソークら辺は日本人が多いと言うか、移住した人や駐在員も多数住んでいるので、日本語で検索出来るアソークのグルメ情報があってもいいじゃないと思うのですよ。

と、言う訳でバンコクに行かない人には興味がない感じの記事ですが、とりあえず写真だけ眺めてると外国っぽさが微妙に伝わると思うので、どうでしょう?