【YouTube】正直、チュパカブラよりもユーチューバーの方がコワイ【YouTuber】

YouTuberってどうよ?

バンコクから戻って来たら、いつの間にやら草薙剛がYouTuberになってたりして、仮面女子もYouTuberとして参戦したりと、あれこれ動きがあった模様。

まあ、仮面女子の場合は今までにもYouTubeに動画出しているので、今更「YouTuberです!」と言われても「ん?」って感じではありますが。

とりあえずYouTuberって便宜上書いちゃいましたけど、”ひとくくり”でまとめちゃうのも横暴ですよね。

筆者も仕事で絡んだりする事はあるし、特にYouTuberだからと言ってネガティブな印象は無いし、「収入スゲーな、おい!」とかマジに羨ましい部分もあったりして、そっち方面に興味がない訳でもないのです。

もっとも”顔出し”在りきのYouTuberとか、ちょっと自分的には無理かなと思うし、やはりライター業ですので、書いてナンボかなと身の程をわきまえてみたりして。

と、言う訳でYouTuberもピンキリですが、やはり思う所はあるので「ライターから見たYouTuber観」を書いてみようと思います。

(あくまでも個人的なYouTuberのイメージで事実とは異なる部分もあります)

スポンサーリンク

YouTuberコワイw

まず、この一言に尽きますねw

YouTubeの肝は”5分、ないし3分でインパクトのある映像を編集する”って部分にあるので、あまりコツコツ煮詰めた動画よりも、バカっぽくて自分じゃ出来ない様な、いわゆる常識知らずの破天荒な動画が人気な予感で御座います。

いや、確かに真面目にキャンプ道具やオモチャの解説をしたりってのも主流ではありますが、やはり「YouTuberとして稼ぐ!」となると、地味で役立つ動画よりも”過激でクソなカス動画”みたいなのも強いのは否めないと思います。

んで。

そういうのって誰もが出来るネタではなく、「え?マジでソレやっちゃうの?w」みたいなのが売りですから、過激であればあるほど稼げるぞと。

一応はここ最近もYouTubeの規定が厳しくなってと言うか、明らかにNGなのは広告を剥がしたりしてる様なので、今年(2017年)の流れが来年以降も続くとは思えないんですけれども。

勿論、YouTuberとして長く活躍してる、要するに売れてる人達であれば、その道を究めると言うか得意とするネタだけで100万再生も狙えるので、そういう「完成された人達」(プロ)については、ちょっと尊敬してる面も否めません。

しかし!

名前も知られていない、要するに「何も持っていない素人YouTuber志望」の人達の無法っぷりには、やはり人として物申したいのです。

ルール無用のYouTuber勢

あくまでも筆者の勝手なイメージですが、いわゆる炎上系YouTuberは「元ニート、もしくは現ニート」、もしくは社会生活からフェードアウトした輩みたいなイメージでして、いわゆる社会のルールも何も知らない「お子ちゃま勢」な印象です。

ですので彼らにとっては社会の良識や秩序と言う単語は存在せず「逮捕されなければOK」みたいな”ゼロか100かの極論”でやってる予感です。

ま、そこが素人の武器と言うか、素人が数字を取る為の手法のひとつって可能性は否めないのですが。

ですので、ファミレスで大量のオーダーをして食べ残し、「金払ってんだから問題ないでしょ?」みたいな動画を垂れ流せるのかなと。

コワイわw

一応、筆者もライターですし社会と交わって生活しているので、やはり良識の範囲でしか行動出来ないんですよ。

そういう”失う物”を持っていない人達のパワーと言うか行動力、マジで普通の人には出来ないかなと。

ま、そう言った意味では輩も”体を張っている”って言えなくもないのですが、人に迷惑を掛けまくっている時点で賞賛には値しないかなと。

ちなみに飲食店において「金を払えば何をオーダーしても良い」との発言は間違いでして、食べもしない料理を大量にオーダーするのは”威力業務妨害”に相当する部分もあるんじゃないでしょうかね?

ちなみに個人的には”食べ物を粗末にしてはいけない”とか良識的な面でもNGだし、「法さえ犯さなければ何しても良い」ってクソ野郎は全滅した方が良いと思っています。

言うまでもなく法律と言うのは、まさに必要最低限のルールでして、それさえ守っていればOKって訳ではありません。

”電車に乗る時は降りる人が優先”みたいなマナーやモラル、そこら辺も含めての人間社会ですので、逮捕されなきゃOKとかって発想自体が人として最低な事を自覚して欲しいですね。(ま、それが出来ないからアレなんでしょうが)

ここら辺、「テレビでも似た様な事してるでしょ?」とか発言する人も居ますが、テレビは流石に店舗側に取材申請をしていて、「これだけの料理を注文しますよ」みたいな事前連絡は行ってるはずです。

ま、「残りはスタッフが美味しく頂きました」は嘘としても、とりあえず店側に迷惑を掛けない様に番組を作っているはずでして、YouTuberの無許可なソレとは根本的に違うんじゃなかろうか?

有名YouTuberでも”意識低い”件

そして、それなり名が知られているYouTuberでも、まあ社会人の目線で見ちゃうと意識低いかなと……。

余裕で遅刻して来たり、飲食物持ち込み禁止のフェスに飲み物持ち込んだりと、「いや、そこはせめて隠しておけよ……」みたいなパターンが少なくありません。

ここら辺、「やはり社会人の洗礼を受けてない輩はひと味違うな~」くらいで流せますが、一応はライターとして取材申請したりインタビューしたりと、それなりの体裁を保って仕事する側から見ると、なんだかな~って感じです。

あくまでも筆者の主観でしかありませんが、やはり動画とか上げてる人は暇って言うか、それなり時間がある人達でして、売れて来たら毎日UPする為に動画作りで忙しいでしょうが、スタートした時はやはり”ニートor準ニート”みたいな時間に余裕がある人種ってイメージでして、やはり人とのコミュニケーションには、アレな部分があるんじゃなかろうか?

ま、それはそれで”個性”って事で人としては良いと思いますし、人と接するのが苦手ってのは仕方無いけれども、そういう輩がYouTubeでチカラ(金)を手にした時の無法ぶりは、マジにヤベェかなと。

もっとも、筆者の様にサイトを作ってるってか、ブログ書いてる系も反社会的で過激な輩もいるし、動物虐待とかで世間を賑わせた事もあるので、必ずしも”動画は悪”って事ではないんですけれども。

ライトな時代には動画最強説

で、ライター目線と言うかサイト作ってる側目線で言わせて貰うと、やはり広告収入に関しては動画の圧勝で御座います。

いや、”素晴らしい文章を書いて人々を感動させてナンボ!”みたいなライターが言っちゃうのもアレですけど、あえて言おう!

「短い動画って何度も観ちゃうよね?」

コレ。

コレ最強。

もの凄く良い記事を書いても、大抵は1回読んだら終わりですよね?

希に、数ヶ月後に読み返す事はあるかもですが、めちゃめちゃ最高傑作な奴でも数回閲覧されて終了で御座います。

しかし、YouTubeやニコニコ動画だと、数分の短い動画で面白ければ何回も観ちゃう可能性……あると思います。

ま、YouTubeとサイト(Googleアドセンス)では違うので、簡単には比較出来ませんが、基本的には1ページ(1動画)がどんだけ読まれた(再生された)で収入が決まる部分があるんで、1本の記事(動画)を何回も繰り返し読まれた方が収入的には超美味しいんですよ。

って理由で、今は「YouTubeで喰うなら3分で動画作れ」みたいに言われているのです。

ここら辺は文章&写真のサイト系では、絶対に動画に勝てない部分でして、もはやメディアの違いだから諦めるしか無いってのが現状で御座います。

とは言え、一人の人間がスマホをイジる時間は限られているので、YouTubeを観てる時は他のサイトを閲覧する事はないので、人々がYouTubeなどの動画に時間を費やす様になると、それだけインターネットのサイト運営者は死ねるって事なんですよね~

他にも有料の動画配信(映画配信サービス)なども、ある意味”商売敵”ですので、ここら辺が増えて来た2017年、ますますサイト運営者は大変な時代に突入した事を意識する必要があると思います。

2018年はどうよ?

話は元に戻りますが、2018年はますますプロが”YouTube”に参戦するんじゃないでしょうかね?

今年も結構、芸能人がYouTubeやり始めた感はあるし、件の”ピコ太郎”(覚えてます?w)も、素人と言うよりは芸人ですからね。

で、言われる様にアイドルがYouTubeとか始めちゃったら、今までの様に「ちょっと可愛い素人YouTuber」とか全滅する勢いなんじゃなかろうか?

楽器系の”弾いてみた”とかも、さりげなく今までもプロは混ざっていましたが、ガチ勢がYouTubeに参戦したら、やはりそっちに視聴率が流れちゃうんじゃなかろうか?

みたいな”プロ参入の危機”が2018年には現実になると予想しています。

それに加え、有料ながらも”安い値段で映画が観れる配信サービス”なども増えるだろうし、ネット界隈の数字を取り合う様は、まさに混沌とした状態になるのは、間違いないでしょうか?

と、言う訳で当サイトも人々がスマホで動画やゲームに熱中する分だけ、色々と厳しい面があるのですが、幸いにも”Google検索で引っ掛かればOK!”って部分があるのは救いですね。

どんだけ動画が発達しても、今の所は”検索”ってか”美味しいラーメンを調べたい”みたいなのは、やはりサイト系が強い訳でして、そこら辺でワンチャンだと思ってます。

そんな感じで「YouTuberも大変だな~」みたいな雑感を覚えつつも、コツコツと自分のサイトを充実させておこうと思った夜でした。

おわり。