『うま馬』の”ひとくち餃子”的な何かとサッポロビールのセットが素敵@バンコク

『Uma Uma Thailand อุมะอุมะ うま馬』@タイ

39/1 Sukumvit 23, Klongtoey Nua, Wattana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

営業時間 11:30~24:00(日曜日は22時まで)

定休日 無休

『うま馬』Googleマップで表示

いわゆる居酒屋的な何か『うま馬』

タイのバンコク、アソーク駅界隈ですと多くの日本料理、もとい居酒屋的な何かがありまして、ソレっぽいのを欲した時には多くの選択肢があります。

んで。

まあ、どこも日本と比べたらって話ではありますが、そこそこ頑張ってるのがコチラの『うま馬』で御座います。

やはり現地の日本人向けな店ですので、値段も安くはありませんが、日本の味を研究しようと言う熱意、接客の丁寧さなどが感じられます。

あと、向こうはアサヒビールを出す店ばかりですが、この『うま馬』はサッポロビールなんですよね!

それだけで行く価値があると思うのは、筆者だけでしょうか?

『ひとくち餃子』(10Pcs/130バーツ)

店のコンセプトとしては九州推しな予感でして、こちらの『ひとくち餃子』が名物となっております。

ってか、恐らく筆者がバンコクで一番数多く食べたのが、この『うま馬』の餃子ですね。

時には2皿食べちゃう勢いですので、かなり気に入った説が濃厚です。

10個で450円くらいで、生ビールとのセットでちょっと安くなったと思います。

ですので、とりあえず『ひとくち餃子』とサッポロビールのセットでスタートするのが、『うま馬』スタイルって感じでしょうか?

ちなみにバンコクの餃子は意外とハズレが無く、そこそこ普通に美味しく頂けるのは有り難いですな。

勿論、餃子セット的な調味料も完備していて、ちゃんと”酢”もあるのは高評価で御座います。

『もつ鍋』(お値段忘れた)

他にも『もつ鍋』的な何かも美味しく頂けます。

バンコクの屋台とか普通に豚の内臓を料理したりしていて、何気に食材としての”もつ”は容易に入手出来るっぽいです。

と、言う訳で『もつ鍋』も安心してオーダー出来る一品かなと。

とは言え、モツ系の料理なら屋台で食べると激安ですので、あえて『もつ鍋』を食べる必要があるのかって話ですけども。

あと、普通に野菜炒めとかもあるんで、居酒屋としては居心地が良い『うま馬』で御座います。

『うま馬ラーメン』(220バーツ)

博多ラーメン的な何かですが、確か”赤”とか”黒”のオプションもあって、マー油好きな筆者は黒をオーダーした記憶です。

ま、スープはインスタントだと思いますが、バンコクの居酒屋で出すラーメンとか、下手すりゃラーメン店も”豚骨スープの素”みたいなのベースなんで、あまりラーメンには期待しない方が良いかなと。

とは言え、逆に味としてはブレないので、普通に豚骨ラーメンとしてエンジョイ出来るんですけどね!

麺はバンコクにも製麺所があると思われ、バンコクら辺だと細麺が主流な予感です。

ご馳走さまでした!

『うま馬』 総評

多分、ここら辺では一番活気がある居酒屋さんなんじゃないでしょうか?

実際、料理の方は他の店よかチョイと美味しいし、日本語が堪能な店長もいるのでオススメで御座います。

特に餃子はここら辺じゃ一番美味しいと思うので、気になる人は食べに行ってみて下さい。(タイのバンコクだけれどもw)

あと、『うま馬』とは1㎜も関係ないので書かなくても良いのですが、隣の店のケバブがいつも肉少ないので、「もっと巻いとけや!!」みたいなモヤモヤに駆られる事を報告しておきましょう。

以上です。