『ダニエルタイガー』のハンバーガーを食べないってどうよ?バンコク的に考えて?@タイ

『DANIEL THAIGER』@プロムポン駅ら辺

Sukhumvit 30/1 Alley, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

営業時間 16:30~21:30

定休日 月曜日

『ダニエルタイガー』Googleマップで表示

結局、『ダニエルタイガー』が最強じゃね?

とりあえず”バンコクのハンバーガーを極める”と言う趣旨で始めた訳ですが、あえて言おう!

「ある意味、消去法であると!!」

ぶっちゃけ和食と言うか日本の料理は日本で食べた方が美味しいし、ローカルのタイ料理は言うほど美味しくもなく、んじゃ日本人がバンコクで食べて、日本よりも美味しい食べ物って何よ?ってなると……ハンバーガーしか無くね?みたいな?

と、言う訳で色々とハンバーガーを食べたのですが、なんだかんだ言った所で『ダニエルタイガー』の一人勝ち感は否めません。

ま、そういう答えは最初から知っていたのですが、いきなり決勝戦じゃ盛り上がらないと思い、最後まで封印してみた次第で。

もっとも、最後に出した所で盛り上がらないのは分かってるんですけれども!

ちなみに『ダニエルタイガー』はアソーク駅からだと徒歩るの面倒なので、とりあえずBTSでプロムポン駅まで来た方が無難です。

昔はフードトラック(車)でバンコク市内を転々としていたのですが、今は”フィリピン大使館”ら辺が定位置ですので、昔よりも行きやすいと思います。

いや~、前回は巡り会えなかったので、この赤いトラックを見た時はちょっとテンションが上がりましたね~

ちなみに『ダニエルタイガー』は筆者の中だけではなく、バンコク市内でも盛り上がっていまして、ハンバーガーTシャツを着たマニアとかも訪れる名店であります。

『THAIGER』(150バーツ)

え~、こちらがベーシックな『タイガー』となります。

ちなみに『ダニエルタイガー』はパテをビーフかポークを選べるのですが、流石にビーフをオーダーする人ばかりでして、むしろビーフ一択で良いかなと。

後は焼き加減ですが、何も指定しないと普通にミディアムレアで焼いてくれるので、コダワリがなければ、そのままで大丈夫です。

気になる味の方ですが、やはりパテのビーフ感と言うか肉汁的なモノがキテるので、大きさの割にはボリュームを感じる一品で御座います。

お値段、コレで500円チョイですので、コストパフォーマンスも高いんじゃ、なかろうか?

『COW BOY』(200バーツ)

見た目、普通にベーコン&チーズ的な『カウボーイ』ですが、さりげなく”JALAPENOS”的な何かが入っていまして、それとなくスパイシーな一品で御座います。

ん~……これは、なかなかパンチの効いた味でして、チーズとベーコンのオイリーさも大概ですが、やはりハラペーニョ?的な辛さがジワりと来るので、病み付きになる味わいですな。

ぶっちゃけ、コイツはビールを飲む一択のハンバーガーでは、なかろうか?

『SUMO OAT』(160バーツ)

『ダニエルタイガー』にはタイ語と英語のメニューがあるので、注文するのに困る事はないと思うし、バーガーのパーツが書かれているので味も予想出来るのですが、あえて言おう!

「す、相撲?」

ま、照り焼きソース的なバーガーなのですが、これもなかなか個性的な味わいでして、個人的に気に入りました。

筆者、あまり照り焼き系は好きじゃないんですけど、コレは有りです!

『MR.STEVE』(180バーツ)

流石の筆者も1度にハンバーガーを4個は胃がもたれるので、4個目は別の日に食べに来てみた次第です。

いや、ハンバーガー1個食べる為に電車乗るとかスゲーなと自分でも思うのですが、『ダニエルタイガー』なら有り得る話では、ないでしょうか?

ベーコンにより”肉感”がアップ、チーズにより”濃厚感”がアップ、総じてヘヴィーな『ミスタースティーブ』ですが、これぞハンバーガーの王道と思わせるジャンク感が堪りませんね!

まあ、こんだけのハンバーガーを日本で食べられるかっちゅうたら、なかなか微妙なラインでして、少なくともこの価格帯で食べる事は出来ないので、やはりバンコクに来たら『ダニエルタイガー』は必食かなと思った筆者です。

ご馳走さまでした!

『ダニエルタイガー』 総評

ちなみにハンバーガーのテイクアウトも出来ますが、肉汁感溢れるハンバーガーですので、持ち帰るとバンズが潰れたりして悲惨な状態になるので、現場で食べて欲しいと思います。

で、ビールとかも売ってるので、それらを合わせてみたらいいじゃない。

まあ、バンコクに行って何を食べたかって聞かれて、「パッタイ」とか「カオマンガイ」とか言ってるウチはアマチュアでして、ツウは『ダニエルタイガー』をさりげなく食べているみたいなスタンスですので、覚えておいたらいいじゃない。

ちなみに今は店舗もあって、そちらでも『ダニエルタイガー』の美味しいハンバーガーを食べられるのですが、店だとVATとかで割高になるらしいので、やはりフードトラックの本店と言うか本家で食べるのがベストである事も、付け加えておきましょう。

と、言う訳でハンバーガーにさして興味が無い人でも、バンコクに行ったなら『ダニエルタイガー』は絶対に食べておいた方が良いので、時間を作って訪れてみて下さい。